iPhoneのすべて TOPへ TOP> iPod/iPad/iPhoneのすべて> iPod/iPad/iPhoneファミリー> iPhone(アイフォン)の説明

iPod本体、ケース、アクセサリを買うなら、Mac&iPodストア(Amazon.co.jp)
アクセサリ・周辺機器カタログ(iPodのすべて)
iPhone(アイフォン)の説明
携帯電話機能を搭載した動画対応iPodです。 容量4GB/8GBの、ワイドスクリーンでの動画再生機能を搭載したiPodに、携帯電話(GSM,EDGE)機能、そして802.11b/g無線LAN/Bluetooth 2.0機能を搭載した、オールインワンのツールです。 OSにはマックでも使用されているOS Xが採用され、3.5インチのワイドスクリーンタッチパネル上に表示される仮想コントローラーで操作します。 2メガピクセルのデジタルカメラも搭載されています。 まずは2007年6月29日にアメリカでAT&T(Cingular)社の携帯電話として発売されました。 ヨーロッパでは2007年第4四半期に、またアジアでは2008年以降に発売される予定。
2008/02/06には、大容量16GBモデルが追加され、4GBモデルの販売は終了しました。
日本では、2008年にソフトバンクモバイルより、第二世代iPhoneが発売される予定です。
関連ページ 第二世代iPhoneの詳細仕様
参考サイト iPhoneのページ(米Apple)
参考サイト iPhoneの動画による解説(米Apple)
参考サイト iPhoneのTVコマーシャル動画(米Apple)
関連ページ iPhone専用アクセサリいろいろ


iPhoneの発売時刻と発売場所
iPhoneは、2007年6月29日金曜日の午後6時から、全米のAT&Tショップ、Appleストア、オンラインAppleストアで発売されました。 当初は1人2個までの制限が付きました。 また、この発売準備のため、Appleストアは一旦午後2時に閉店して、店内をiPhone一色にデザインチェンジしました。 こんな時間に発売することにしたのは、皆さんにiPhoneを買うために会社をサボってほしくないというジョブスCEOの配慮だとか。
マンハッタンのAppleストアにはウーピー・ゴールドバーグやスパイク・リーも並んだそうです。
なお、日本国内では、秋葉原の MobilePLAZAにて、北米モデルの販売を行っていました。税込¥144,900!! 高い。
参考サイト iPhone発売、ウーピー・ゴールドバーグやスパイク・リーも並ぶ(ケータイWatch)
参考サイト 米国レポート「iPhoneが街にやって来た」 (前編)(ascii.jp)

iPhoneの契約手続き
店頭(およびオンラインストア)で販売されるiPhoneは電話番号などの情報が登録されていない、いわゆる「白ROM機」です。 ユーザーは自宅に持ち帰って、iTunesバージョン7.3以降を使って契約手続き(activation)を行うことによって使用可能となります。 店頭で契約手続きを待つ必要はありません。
iTunesが対応するのは、WindowsならVista/XP。 Macの場合、iTunesの対応はMac OS X 10.3.9以降ですが、iPhoneを利用する場合はOS X 10.4.10以降が必要なのでご注意ください。
なお、iPhoneは契約手続きを行わないと、電話機能はもちろん、iPodとしての音楽、ビデオ再生機能も動作しません。 なにもできないただの箱です。 北米の場合、契約に必要なものは、AppleStoreのID(Eメールアドレス)、米国で有効なクレジットカードまたはデビッドカード、米国が国民と米国就労者に発行する 社会保障番号(SSN:Social Security Number)(Wikipedia)、そして契約手数料36ドルです。
ところが、有名なハッカー“DVD” Jon Johansenは、2007/07/05に、彼のBlog(So sue me)の記事「 iPhone Independence Day 」のなかで、 AT&Tと契約(Activation)することなしにiPhoneのiPod/無線LANその他機能を有効にする方法(アンロック:jailbreak(監獄破り))を公開しました。 もちろんこの方法では電話機能は使用できませんが、その他のほとんどの機能が使用できるようになるそうです。 その後も多数のソフト開発チームから、iPhoneをアンロックし、AT&T以外の電話会社でも使用できるソフトを公開しています。
しかしアップルは2007/09/24、アンロックされたiPhoneに対する保障を一切打ち切るとの声明を発表しました。 今後はアンロックされたiPhoneに対する修理は受け付けられなくなります。 また、iPhone本体のソフトウェアをアップデートすると、再度ロックされるようになる見込みです。
参考サイト 動画によるiPhoneの契約手続きの解説(米Apple)
参考サイト iPhoneの契約手続きに関するFAQ(米AT&T)
参考サイト iPhone Independence Day(So sue me)
参考サイト Apple warns against iPhone unlocking, software update coming later this week(iPod Lounge)

iPhoneの料金プラン
北米でのiPhoneの料金プランは6種類あり、いずれも2年契約のみとなっています。 またいずれも上限なしのデータ通信、ビジュアルボイスメール、200件のSMSテキストメッセージ、上限なしの端末同士の会話などが含まれています。 プランの差異は、無料通話可能な時間のみです。 月59.99ドルのプランは450分の制限なし通話と、5000分の夜間・週末限定通話が可能です。 月79.99ドルのプランは900分の制限なし通話と、時間制限なしの夜間・週末限定通話が可能です。 月99.99ドルのプランは1350分の制限なし通話と、時間制限なしの夜間・週末限定通話が可能です。 月119.99ドルのプランは2000分の制限なし通話と、時間制限なしの夜間・週末限定通話が可能です。 月169.99ドルのプランは4000分の制限なし通話と、時間制限なしの夜間・週末限定通話が可能です。 月219.99ドルのプランは6000分の制限なし通話と、時間制限なしの夜間・週末限定通話が可能です。 その他ファミリープランや、既存AT&Tユーザー向けプランなどが存在します。
参考サイト Rate Plans for iPhone(Apple)

Apple社員にはiPhoneを配布
iPhone発売前日にスティーブ・ジョブス主催で行われたApple社の社員向け全社放送:all-hands meetingで、 7月末までに全てのApple正規社員および一年以上勤めているパートタイム社員に、iPhoneの8GBモデルが配布されるとの発表があった模様です。 また、このなかで、iPhoneが3GではなくEDGEを採用した理由についてのべ、米国ではEDGEネットワークのほうが普及していること、 および3Gを実現するデバイスがEDGEのものより消費電力が高いことなどを挙げた模様です。 さらに、OS Xのチームが、MacやiPhoneだけでなく、(次世代)iPodに向けた作業を行っていることも話したようです。
参考サイト Internal Apple Stevenote: iPhone, iPods with OS X, and "off the charts" Macs in the pipeline(Ars Technica)

iPhoneで使用可能なアクセサリ
ドックコネクタに接続するタイプの、ほとんどのiPod用アクセサリが、そのままiPhoneでも使用可能です。 しかし、スピーカやFMトランスミッタなど、一部オーディオを扱うアクセサリで、ノイズの混入など、iPhoneの無線機能が障害を及ぼす場合があります。 このようなiPhoneに対応していないアクセサリを接続すると、iPhoneの画面にその旨が表示されるとともに 「機内モード」に移行するか否かが選べるようになります。 「機内モード」とは、iPhoneの通信機能を停止して使用するモードです。 なお、このオーディオアクセサリの非互換性については、2007/07/31にリリースされたアップデータでいくらか改善しているようです。
また、iPhoneのイヤフォンジャックは本体上部に深く埋め込まれているため、iPodで使用できる普通のイヤフォンのジャックが差し込めません。 市販のイヤフォンなどを使いたい場合は、他社から発売されるアダプタを購入する必要があります。
参考サイト iPhone Accessories(Apple)
関連ページ iPhone専用アクセサリいろいろ
関連ページ iPod用オプション・アクセサリ・周辺機器カタログ(iPodのすべて)

iPodとiPhoneの違い
全てが今までのiPodより優れていると思われるiPhoneですが、意外なところでiPodからの機能削減もあるようです。 現在のiTunes(7.3)では、iPhoneに対する「ディスクとして使用する」と「音楽とビデオを手動で管理する」のオプションは存在しません。 そのためiPhoneの中身の全ては自動更新となります。したがってiPodのように複数のパソコンから手動でデータを入れることは不可能です。 常に1台のパソコン(iTunesライブラリ)とだけ、データをやり取りすることができます。 したがってiPhoneは外付けUSBドライブとしてマウントすることはできません。 ただし、iPhoneDrive(Mac用)のようなソフトを使うと、ディスクとして使用することも可能なようです。
また、iPhoneでは、音楽やビデオなどのコンテンツのほかに、メールや住所録、予定表、ブラウザのブックマークといった「情報」もパソコンとシンクロさせます。 これらの「情報」については、複数のパソコンからiPhoneに取り込むことが可能です。 新たなパソコンに接続するたびに、「情報」をマージ(結合)するか、置き換えるかを選択することができます。 家のパソコンの住所録と会社のパソコンの住所録を、iPhone上で統合して持ち歩くことも可能です。
また、iPhoneではビデオムービーをTVに出力して楽しむことができません。 第五世代iPodではAVケーブルを使うと動画をTVに表示してみんなで楽しむことができました。 しかしiPhoneでは画像出力端子の代わりに電話のマイク端子が接続されているため、AVケーブルを接続しても動画をTVに表示できないばかりか、iPhone本体をいためてしまいます。
さらに、クリックホイールがなくなったiPhoneではリセットの方法も変わりました。 本体上部にあるスリープボタンと、本体正面下のホームボタンを同時に6秒以上長押しするとリセットがかかります。 そのほか、実行中のアプリケーションの強制停止はホームボタンのみを長押し。 本体の電源OFFはスリープボタンを長押しし、画面に現れるスライダーをスライド。 電源ONはスリープボタンを長押し、となります。
関連ページ iPodファミリー(iPodのすべて)

いままでのケータイとiPhoneの違い
Eメールにインターネットに音楽再生、デジタルカメラ・・・搭載されている機能は、今国内の店頭で手に入る「ケータイ」とさほど違いはありません。 iPhoneのすごさはこれらの機能を高い次元で融合した優れたGUIと、それをスムーズに動かしてしまう小さくて薄くて高性能なHWにあります。 現在の「ケータイ」は、同じキャリアでもメーカーが変わるだけで説明書と首っ引きで操作を覚える必要があります。 ところがiPhoneは分厚い説明書など不要、触ればわかる高度なインタフェースが最大の武器です。 さすが世界で初めて「パーソナルコンピューター」を発明したApple社だけのことはあります。 米Appleの、iPhoneの動画による解説ページを見れば一目瞭然、ソフトウェアの作り込みが半端でないことが理解できます。
参考サイト 国内6メーカー担当者が実物を見て語った「iPhoneの衝撃と本音」(ITplus)
参考サイト なぜiPhoneは人々を熱狂させるのか?(前編)(ascii.jp)
参考サイト iPhoneの動画による解説(米Apple)
参考サイト 動画で体験、これが iPhoneの“気持ちよさ”だ! (その1) (ascii.jp)

iPhoneの16の機能
Calculator 電卓
iPhoneには、Mac OS Xの電卓ウィジェットと同様な、簡単な電卓機能が搭載されています。
Calendar カレンダー
iPhoneには、iPodより進化したカレンダー機能が搭載されています。 PCやMacと予定を同期し、それをカラフルに表示することが可能です。
Camera カメラ
iPhoneの背面左上に、2メガピクセルのデジタルカメラが搭載されています。 撮影は静止画のみ、動画は撮れません。また光学ズーム機能はありません。
Clock 時計
iPhoneのメニュー画面上部には常に時間が表示されます。 また、時計アプリケーションには、iPodと同様世界時計の機能があります。
iPod iPod
iPhoneは、いままでで最高の機能を持ったiPodでもあります。 3.5インチワイドスクリーンで、ついにワイド画面の動画再生に対応しました。 iTunesのような3Dのアートワーク表示機能(CoverFlow)も搭載しています。 しかしiPhoneのイヤホンコネクタはiPodより小さいので、iPodで使用していたイヤホンはそのままでは使用不可能です。 サードパーティから発売される変換アダプタが必要になります。
もっと詳しく 音楽・ビデオの再生方法
Mail メール
iPhoneにはEメールクライアントが入っています。 街中の無線LANアクセススポット経由で、日常使用しているメールアドレスでの送受信が可能です。 HTML形式のメールの送受信も可能です。 メールに添付されたJPEG写真やPDF文書はもちろん、マイクロソフトWord/Excelファイルも閲覧可能です(編集は不可能)。 iTunesを通して、Outlook、Outlook Express、Appleアドレス帳との同期が取られます。
もっと詳しく iPodのEメールの使い方
Maps マップ
Google Mapへのアクセス機能があります。 住所を入力するだけで、その場所の地図や衛星写真を表示し、それを拡大縮小することができます。
もっと詳しく iPodのマップ(地図)の使い方
Notes メモ
iPod同様、テキストファイルを保存・参照できるメモ機能を搭載しています。
もっと詳しく iPodのメモ、株価、天気の使い方
Phone 電話
そして今回の目玉となる電話機能です。
Photos 写真
カラー液晶搭載のiPod同様、パソコンからデジカメ写真を取り込んで表示する、アルバム機能があります。
Safari インターネットブラウザ
Macのインターネットブラウザ:サファリをベースにしたモバイル向けのブラウザが搭載されています。 街中の無線LANアクセススポット経由で、いつでもwebサイトを閲覧可能です。 webページの任意の部分を自由に拡大・縮小可能。 もちろん、携帯専用サイトではなく、普通のパソコン用webサイトが閲覧可能。 JavaScriptにも対応、ただし現在のところFlashとJavaはサポートされていません。
Settings 設定
各種の設定を行う機能です。 飛行機に乗ったときのために、全ての無線通信関連機能を停止する「機内モード」なんていうのもあります。
Stocks 株価
任意の企業の一日単位~2年単位の株価の推移を閲覧する機能です。
もっと詳しく iPodのメモ、株価、天気の使い方
Text テキストチャット(SMS/MMS)
携帯電話同士で、電話番号を宛先にして最大160文字までのテキストメッセージを送受信できるショートメッセージサービス(SMS)、 そして写真や音声、動画などが添付できる携帯間のメールサービスであるマルチメディアメッセージングサービス(MMS)機能です。
もっと詳しく メッセージ(iMessage/SMS/MMS)の使い方
Weather 天気
Yahooの、北米の天気予報情報を読み出して表示するツールです。 イラストを使ってグラフィカルに表示する天候とともに、現在の気温、最高・最低気温、6日間の予報などが表示されます。
もっと詳しく iPodのメモ、株価、天気の使い方
Youtube YouTube
無料の動画共有サイトYouTubeに接続して動画を楽しむツールです。

参考サイト 疑似GPSやカスタマイズに対応したiPhone 1.1.3の実力を試す(マイコミジャーナル)
参考サイト All Things iPhone: Interface and the 16 Applications(iPodlounge)
参考サイト iPod/iPad/iPhoneのマニュアルダウンロードページ(アップル)
参考サイト iPod/iPad/iPhoneのマニュアルダウンロードページ(米Apple)
参考サイト 賛否両論! 使って分かった「iPhone」各アプリのエクスペリエンス(iTmedia news)
参考サイト 【レビュー】iPhone使用レビュー「iPod機能編」 - クリックホイールのないiPodの実力は(マイコミジャーナル)
参考サイト 【レビュー】iPhone使用レビュー「携帯電話編」 - 地味だが要所を押さえた携帯電話機能(マイコミジャーナル)
参考サイト 【レビュー】iPhone使用レビュー「ネット機能編」 - 頼もしいSafariとちょっと頼りないMail(マイコミジャーナル)
参考サイト 【レビュー】iPhone使用レビュー「搭載アプリ編」 - ミニアプリと侮れない便利な情報源(マイコミジャーナル)

iPhoneの中身
世界のトップシェアを行くiPodシリーズは、その部品も注目の的です。 Apple社に採用された部品メーカーは一気に株価が上昇。 主要部品であるフラッシュメモリや液晶ディスプレイ、SoCチップ、バッテリなど、どのメーカーのものが採用されるかは、 いまや技術者だけでなく、世界中の個人投資家も注目しています。 iPhoneも例外ではありません。 iResQでは発売4日後の7月3日には分解記事を発表し、 iPhoneのパーツ原価は約$200-$265であると発表しました。 その後も国内、国外あちこちのwebサイトでiPhoneの分解記事が紹介されつづけました。 一体何台のiPhoneが犠牲になったのでしょうか・・・
参考サイト Teardowns undress iPhone, suggest $200-$265 component cost(iPod Lounge)
参考サイト 【iPhone分解】筐体を開けたら,巨大な2次電池が…【動画あり】(Tech-On!)
参考サイト 【iPhone分解】メイン基板は2枚重ね,隠れていたのはリンゴ印のLSI【動画あり】(Tech-On!)
参考サイト 【iPhone分解】2枚の基板は,無線モジュールとiPodモジュール(Tech-On!)
参考サイト 【iPhone分解】フラッシュ・メモリはSamsung製,ディスプレイ部の厚みは約3.5mm【動画あり】(Tech-On!)

iPhone用の着信音、着メロを作る
iPhoneの着信音/着メロは、手持ちの音楽ファイルから、簡単に自分で作ることができます。 30~40秒以内のAAC形式の音楽ファイルを準備し、その拡張子を".m4a"から".m4r"に変更してiTunesに登録します。 そしてiPhoneをパソコンに接続し、音楽などと同様に着信音の同期を行います。 着信音/着メロの作り方、バイブパターン/フラッシュ通知の設定方法 のページでは、この方法を詳しく紹介しています。ご参照ください。
関連ページ 着信音/着メロの作り方、バイブパターン/フラッシュ通知の設定方法

iPhone/iPod touchで動くプログラムを開発する
Appleは、現地時間2008年3月6日にカリフォルニアで開かれたiPhoneソフトウェアロードマップイベントにおいて、 iPod touch/iPhone用のソフトウェア開発キット(SDK)を含む、iPhone/iPod touch 2.0 Softwareのベータ版を公開しました。 このSDKを使用すると誰でもiPod touch/iPhone用のソフトウェアを開発することができます。 また、開発したソフトウェアは、iTunes/iTunes Wi-Fi Storeを通して、オンラインの「App Store」から無料/有料で配布することができます。 SDKの使い方のほんの一部をiPod/iPad/iPhone用アプリの作り方 SDKの使い方のページで紹介していますのでご参照ください。
関連ページ iPod/iPad/iPhone用アプリの作り方 SDKの使い方


iPhone(iフォン)関連書籍

iPhoneが日本に上陸する日
技術評論社 2008/1/20 1,554円
お気に入りに追加 友達にメールする
アップルから発売されているiPhoneは世界中の注目を浴びている携帯電話ですが、残念ながら日本での発売予定はまだありません。 その背景には、他の国とは異なる通信方式、通信事業者主導の販売方式などさまざまな障壁があります。 本書では、なぜiPhoneが日本で使えないのかという視点から、日本の携帯電話業界のさまざまな疑問点を取り上げていきます。
詳細を見る(Amazon.co.jp)


iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり
日経BP社 2007/12/13 1,680円
お気に入りに追加 友達にメールする
「Macintosh」でパソコン業界に革命をもたらし、「iPod」で音楽業界を変えたアップルが、今度はケータイビジネスにも衝撃をもたらす――。その製品とは、米国での発売からたった2カ月で100万台を売り上げ、2008年中に1000万台に届く見込みの大人気ケータイ「iPhone」だ。ヨーロッパをはじめ、日本などアジアなどでも発売される。 ケータイメーカーとしては実績のないアップルが、なぜiPhoneのような革新的な製品を生みだし、ケータイ業界のビジネスまで変えてしまえるのか。逆に、技術力がある日本メーカーは、なぜiPhoneのようなケータイを作れないのか。アップルを20年追い続けているITジャーナリストの林信行氏がアップル流ものづくりを検証し、日本メーカーとの違いを浮かび上がらせる。
詳細を見る(Amazon.co.jp)


iPhone Fan Book US仕様対応版
毎日コミュニケーションズ 2007/9/1 1,344円
お気に入りに追加 友達にメールする
米国で発売されて話題をさらったiPhone。日本ではまだ発売されていませんが、米国で購入したiPhoneを3人の著者が徹底的に使い込み、 1冊のガイドブックにまとめました。日本ではまだ使えない機能も米国在住の著者が使用感を伝えています。 読むことで「使った気分になり、友達に自慢したくなる」ような内容の本です。
詳細を見る(Amazon.co.jp)


iPhone 衝撃のビジネスモデル
光文社 2007/5/17 735円
お気に入りに追加 友達にメールする
米アップルが今年1月に発表したiPhone。携帯電話としての基本機能に加え、iPodや簡易パソコンといった側面も併せ持つ。 本書は、この新端末から読み取れるアップルの戦略を解説した一冊だ。 銀行ATMや病院での個人認証用端末、電子マネー端末…。 筆者の「憶測」も交えながら、用途と、それによって引き起こされる生活の変化を探っている。 人々の暮らしの中にネットがどんどん浸透していく中、どのようなビジネスモデルを描けば収益に結び付くかを考える上でも参考になる。
詳細を見る(Amazon.co.jp)

iPhone(iフォン)紹介記事
iPhone(iフォン)解析記事
iPhone(アイフォン) 開発者向け情報
iPhoneのすべて TOPへ

All about iPhone : iPod/iPad/iPhoneのすべて