このページの先頭へ

無線LAN(Wi-Fi)の使い方

iPod/iPad/iPhoneでは、無線LAN(Wi-Fi:ワイファイ)を使ったインターネットアクセスを楽しむことが出来ます。 自宅はもちろん、無線LAN(Wi-Fi:ワイファイ)アクセスポイントのあるレストラン、駅、ホテル、空港などでインターネット接続し、 ネットサーフィンやwebメール、Youtubeの動画もダウンロードして楽しむことができます。
また、iPhoneやiPad Wi-Fi+Cellularモデルの場合、無線LANに接続している間は携帯パケット使用料金は発生しません。月額料金節約には無線LANの積極的な活用も有効です。
ここではiPod/iPad/iPhoneで、自宅や公衆無線LANアクセスを楽しむ手順を紹介します。

無線LANアクセスの使えるデバイス

無線LANアクセスを楽しめるのは、
  • iPod touchシリーズ全モデル
  • iPhoneシリーズ全モデル
  • iPadシリーズ全モデル
  • iPad miniシリーズ全モデル
のみです。
このページの先頭へ

自宅に無線LANを設置する

自宅にインターネットの回線が来ていれば、これに「無線LANルータ」または「無線LANアクセスポイント」という機器を接続するだけで、無線LANをはじめることができます。
パケット定額サービスに加入しているiPhone/iPadのユーザーなら、携帯電話キャリアから無料または低価格で無線LANルータをレンタルして、自宅に設置することができます。 もちろん市販の「無線LANルータ」「無線LANアクセスポイント」を購入して無線LANをはじめることもできます。 当サイトでも、無線LANルータ/アクセスポイントのいろいろのページで、 特に持ち歩きに便利なポケットタイプの「無線LANルーター」、「無線LANアクセスポイント」を中心にご紹介しています。 無線LANルータ/アクセスポイントの設置については、下記の記事が参考になります。
【短期集中連載】無線LANはもう恐くない! イチから始める無線LANキソのキソ
第1回:無線LANを始めよう!(BB Watch)
第2回:実は「簡単」な無線LANの設定(BB Watch)
第3回:自分のデータを守るための大事な暗号化設定(BB Watch)
第4回:ひと工夫で無線LANをもっと便利に使おう!(BB Watch)
第5回:MIMO、11n、デュアルチャネル……まだまだ進化する無線LAN(BB Watch)
第6回:有線やPLCも捨てがたい? 家庭内LANの選択肢を徹底比較(BB Watch)
無線LANルーターの基礎から活用までを見直す
第1回:ルーターの役割や初期設定をおさらい(PC Watch)
第2回:他人に迷惑をかけないためにも重要なルーターのセキュリティ機能(PC Watch)
第3回:リモートアクセスやNAS機能を活用する(PC Watch)
第4回:オンラインサービス活用のためのルーター設定(PC Watch)
その他関連記事
無線LANルータ編第1回:無線LANルータと無線アクセスポイントの違い (BB Watch)
ココを押さえるブロードバンド用語のツボ:無線LANルータ編索引ページ (BB Watch)
「WEP」はもう危険? 家庭の無線LANセキュリティ対策を考える(BB Watch)
このページの先頭へ

無線LANのON/OFF

無線LANルータの設置は終わりましたか。 それではまずはiPod/iPad/iPhoneで無線LANのON/OFFをする方法を覚えましょう。
iPhone 無線LANのON/OFF
設定-[Wi-Fi]-[Wi-Fi]メニューで、 タッチパネル:ON(オン)と タッチパネル:OFF(オフ) を切り替えます。まめに タッチパネル:OFF(オフ) にするとバッテリ消費を押さえることができます。 特に飛行機に搭乗する場合は タッチパネル:OFF(オフ) にすることを忘れないようにしましょう。
iPhone 携帯パケット通信のON/OFF
無線LANとは直接関係ありませんが、携帯パケット通信のON/OFFも覚えておきましょう。 iPhone/iPad(Wi-Fi+Cellular)の場合は、
設定-[一般]-[モバイルデータ通信] (iOS5の場合は[設定]-[一般]-[ネットワーク])の「モバイルデータ通信」(iPhone)または
設定-[モバイルデータ通信]画面の「モバイルデータ通信」(iPad(Wi-Fi+Cellular))を
タッチパネル:ON(オン) タッチパネル:OFF(オフ) することで携帯パケット通信のON/OFFを切り替えることができます。 意図的にパケット通信を行いたくない場合は、これを設定すると良いでしょう。
このページの先頭へ

無線LANへの接続

パスワード指定のポイント
パスワードの入力が必要な無線LANアクセスポイントへの接続時、 パスワードを入力する時には、キーボードを英語モードに切り替えてください。 iPod keybordをタップするとキーボードが切り替えられます。 一度英語モードで設定を完了すれば、後は日本語モードのままで無線LANのON/OFFができます。 また、一旦パスワードを設定したアクセスポイントへは、日本語モードのままで自動的に再接続されます。
iPod/iPad/iPhoneで無線LANに接続するには、最初に1回、接続のための設定を行う必要があります。 1回設定してしまえば、次回からはiPod/iPad/iPhoneの無線LANをONにするだけで自動的に接続されます。
無線LANへの接続に必要なもの
自宅に無線LANを設置したら、iPod/iPad/iPhoneからの接続に必要な情報は下記の通りです。
無線LANネットワークの名前(SSID/ESS-ID)
無線LANネットワークには、SSID/ESS-IDと呼ばれる名前がつけられます。
無線LANネットワークのパスワード
無線LANネットワークにログインするためのパスワードです。SSID/ESS-IDごとに個別のパスワードが必要です。
無線LANネットワークの暗号化方式
無線LANネットワークの情報を保護するための暗号化方式の名称です。WEP,WPA,WPA2などがあります。
これらはいずれも無線LANルータ/アクセスポイントの設定画面から読み出すことができ、また自由に設定・変更が可能です。 無線LANルータ/アクセスポイントの説明書をよく読んで、他人に知られにくいSSID、パスワードと、より強固な暗号化方式を設定してください。
iPhone 無線LANへのiPod/iPad/iPhoneの接続
まずは設定-[Wi-Fi]画面で[Wi-Fi]をONにします。そしてそのまましばらく待ちます。 近くに接続可能な無線LANアクセスポイントが見つかると、画面中央の「ワイヤレスネットワークを選択・・」の部分にそれらの名前(SSID)が一覧表示されます。
参加にパスワードが必要なアクセスポイントには、鍵のマークが付いています。
以前に接続したことがあるネットワークが見つかると、自動的に再接続し、その名前の前にチェックマークが付きます。
このなかからアクセスしたいアクセスポイントを選び、その名前(SSID/ESS-ID)をタップします。 パスワードが不要なアクセスポイントを選んだときは、これだけでネットワークにつながります。 鍵のマークが付いているアクセスポイントを選ぶと、パスワード入力画面になります。 そのネットワークのパスワード(WEPキーなど)を入力すればネットワークにつながります。
ステルスAP機能(SSID通知の無効)などで隠されているアクセスポイントは、この一覧には出てきません。 これに接続するには、「その他...」と書かれているところをタップします。
皆さん自宅のアクセスポイントは、ちゃんとステルス機能で隠していますよね?
iPhone それでは隠されたアクセスポイントに接続しましょう。 「その他...」をタップするとこのような画面になるので、「名前」欄に、接続したい(あなたの無線LANルーターに設定した)ネットワークの名前(SSID/ESS-ID)を直接入力します。
そのネットワークの接続にパスワードが必要な場合は、さらに[セキュリティ]をタップします。

タッチパネルモデルのキーボードの詳しい使い方は 文字入力の方法/キーボードの使い方のページで紹介しています。ご参照ください。
iPhone するとこのような画面になるので、あなたの無線LANルーターに設定した、ネットワークの暗号タイプ(WEP/WPA/WPA2)を選択します。 つづいて左上の[その他]をタップして元の画面に戻ります。
より強固な暗号化方式である「WPA2」を使うのがおすすめです。
iPhone するとパスワードの入力画面になります。 そのネットワークのパスワード(WEPキー/WPAキー/ネットワーク・キーなど)を入力し、右下の「参加(Join)」ボタンをタップすればOKです。
パスワードの入力には英語キーボードを使用してください。 右下のキーが「Join」と英語で表示されたら、英語キーボードになっています。 iPod Wi-Fiをタップするとキーボードが切り替えられます。
iPhone ネットワークにつながると、画面の左上、キャリア名の横に扇型の電波マークが表示され、接続中であることがわかります。
一度接続したアクセスポイントの情報はiPod/iPad/iPhoneに記録されています。 次にそのアクセスポイントに接続可能になると、自動的に接続されます。 また、複数のアクセスポイントと接続した後では、最後に接続したアクセスポイントに自動的に接続されます。
家庭で運用している無線LANアクセスポイントも、 街中にある公衆無線LANアクセスポイントを利用するのも基本的には同じ手順です。 公衆無線LANアクセスポイントの利用については 公衆無線LANサービスを使う:無線LANサービスプロバイダのいろいろのコーナーをご覧ください。

野良APの利用は危険!?
街中にあふれる、一般ユーザーがセキュリティを設定していない、パスワードが不要な(鍵のマークが付いていない)アクセスポイントのことを「野良AP」と呼びます。 このようなAPを利用すれば外出先でもネットに「タダ乗り」出来るわけですが、一方この様なAPの中には、わざとセキュリティ設定を行わず、アクセスしてきた人の個人情報の収集を専門に行っているものもあります。 基本的に自分が契約しているAP、あるいは宿泊しているホテルなどが運用している正規のAP以外は利用しないようにしましょう。
このページの先頭へ

無線LANの切断

iPhone ただ無線LAN接続を一時的に切るだけなら、 設定-[Wi-Fi]-[Wi-Fi]メニューで、 タッチパネル:OFF(オフ) を選ぶだけです。 マメなON/OFFで消費電力を節約できます。
iPhone 特定のアクセスポイントに自動接続しないようにするには、iPod/iPad/iPhone本体に記録された、この無線LANアクセスポイントの情報を削除します。
削除したいアクセスポイントの右端にある をタップします。
iPhone すると、そのアクセスポイントの情報が表示されるので、「このネットワーク設定を削除」をタップします。
iPhone つづいて確認画面が表示されるので「削除」をタップします。
しばらく待つと切断されます。 ステルス機能などで隠されているアクセスポイントであった場合は、やがてiPod/iPad/iPhoneのアクセスポイント一覧表示からも消えます。
ここで削除したアクセスポイントに再度接続したいときは、またSSIDとそのパスワードを入力すればOKです。
このページの先頭へ

無線LANの電波が届かない!!

鉄筋コンクリートのマンションの端の部屋からもう一方の端の部屋まで、3階建ての一戸建ての一階と三階など、 無線LANルーター/アクセスポイントとの距離が離れたところでは、電波が届かない場合があります。 こんな時は無線LAN中継器というものを使うと解消することができます。
このページの先頭へ

パソコン・iTunesとiPod/iPad/iPhone/AppleTVがネット接続できない!!

AirPlayAirPrintRemoteアプリホームシェアリングWebDAV、 など、アップルの製品では、パソコン・iTunesとiPod/iPad/iPhone/AppleTV、その他機器を家庭内ネットワークで接続して楽しむ機能がたくさんあります。 これらの機能で機器がネットワーク接続できない場合、理由はいくつか考えられます。 下記の一つ一つをご確認ください。

ソフトのバージョンによる差異


使用するアプリ、iOS、iTunes、プリンタなどのソフトはいずれも最新版ですか? どれかひとつのバージョンが古いと、正しく接続できないことがあります。 いずれも最新版を使ってください。

パソコンのファイアウォールの設定


パソコンのファイアウォールの設定でiTunesの通信が拒絶されていると繋がりません。 WindowsまたはMacのファイアウォールの設定画面で「iTunes」と「Bonjourサービス」が「例外」に設定されているかを確認してください。 Windows7の場合は、 [コントロールパネル]-[システムとセキュリティ]-[Windowsファイアウォール]-[Windowsファイアウォールを介したプログラムまたは機能を許可する] の画面で、「iTunes」と「Bonjourサービス」が「ホーム/社内(プライベート)」にチェックが入っている必要があります。 また、これとは別に「TCP ポート 3689」「UDP ポート 5353」も「例外」にする必要もある場合があります。

無線LAN接続/通信機能をリセットしてみる


設定-[Wi-Fi]-[Wi-Fi]を「OFF」にしてしばらく待ち、また「ON」にして、無線LAN接続をリセットしてみましょう。 これでダメなら、 設定-[機内モード]を「ON」にしてしばらく待ち、また「OFF」にして、通信機能全体をリセットしてみましょう。

無線LAN以外の通信を一旦切断してみる


iPad/iPhoneからのRemoteアプリホームシェアリングの利用の場合は、 3G/LTE携帯パケット通信など、無線LAN以外の通信を一旦切断しないと利用できない場合があります。 これには「機内モード」をONにしたあと、Wi-FiをONにします。 詳しくは下記の各ページをご参照下さい。

WEP専用SSIDにつながってしまっている?


最近の無線LANルーター/ブロードバンドルーターは、ニンテンドーDSなどのゲーム機向け(WEP専用)SSIDと、パソコン用SSIDの2つを搭載しています。 パソコンやiPod/iPad/iPhone/AppleTVが、ゲーム機向けSSIDの方につながってしまっていると、セキュリティ保護のため、使えるのはインターネットだけとなり、家庭内LANの他のデバイスにアクセスすることができません。 接続先SSIDを再確認してみて下さい。

ルーターのセキュリティ設定


無線LANルーター/ブロードバンドルーターによっては、接続された端末(パソコンやiPod/iPad/iPhone/AppleTV)同士の通信を禁止する機能を持ったものがあります。 また、無線LANと有線LANネットワーク間の通信を禁止する機能を持ったものがあります。 (機能名は無線LAN機器製造メーカーによって異なります。プライバシーセパレーター、ワイヤレスパーティション、覗き見防止機能など)。 このような機能を搭載したルーターを使用しているときは、これらの機能を無効とする必要があります。

iTunesとiPod/iPad/iPhoneのWi-Fi同期をやめてみる


USBケーブルをつながなくても、パソコンのiTunesとiPod/iPad/iPhoneの同期ができる便利な「iTunes Wi-Fi同期」ですが、これを設定すると iTunesの起動がとても遅くなったり、ホームシェアリングAirPlayが機能しなくなる場合があります。 こんな時はWi-Fi同期を無効にしてみて下さい。

同じネットワークセグメントに


iTunesが動作しているパソコンとiPod/iPad/iPhone/AppleTV、その他通信したい機器が同じ「ネットワークセグメント」に存在する必要があります。 すべての機器が同じ無線LANルーター/アクセスポイントに、いずれも無線でつながっている場合はOKですが、 パソコンなど一部の機器が有線LANや複数の無線LANに個別でつながっている場合は注意が必要です。
  • 同一のルーターに、無線LANアクセスポイントとパソコンが有線でつながっている場合はOKです。
  • 同一のルーターに、無線LANルーターとパソコンが有線でつながっている場合はNGです。この場合、無線LANルーターをブリッジモードで(アクセスポイントとして)動作させる必要があります。あるいは無線LANルーターの代わりに無線LANアクセスポイントを使用します。
  • 異なるルーターに、無線LANルーター/アクセスポイントとパソコンが別々に有線でつながっている場合はNGです。この場合はつながりません。

接続台数制限


使用するサービスやアプリには、ネットからの接続台数に制限が設けられている場合があります。
たとえばRemoteアプリの場合、一つのiTunesライブラリにRemoteで接続可能なiPod/iPad/iPhoneの最大数は5台です。 iPod/iPad/iPhoneの買い換えなどで、これを超えるiPod/iPad/iPhoneを登録したい場合は、一度すべての接続をリセットしましょう。
iTunesの[編集]-[設定]-[デバイス]で「現在n個のRemoteがペアリングされています。」の右にある「すべてのRemoteを解除」をクリック。 その上で各iPod/iPad/iPhoneで接続操作をやり直します。

iPod/iPad/iPhone/AppleTVやルータの調子が悪い?再起動してみる


使用しているアプリの影響や故障など、iPod/iPad/iPhoneの調子が悪い場合も考えられます。 iPod/iPad/iPhoneの電源をOFF->ONして再起動して見ましょう。 無線LANルーターやハブ、インターネット接続用のモデムの電源をOFF->ONするのも効果があるかもしれません。

このページの先頭へ

旅行・出張先のホテルや屋外で無線LANを使う

最近では、無線LANが使えるホテルも増えてきました。そのような場所では、単にホテルの提供するアクセスポイントに接続するだけでOKです。 しかし、有線LANを提供するホテルの場合は、そのままiPod/iPad/iPhoneで接続することはできません。 有線LANに接続したパソコンを、無線LANルーターとして使用できるアダプタや、 超小型のポータブル無線LANルーターと呼ばれる機器を持っていれば、 有線LAN完備のホテルで無線LANが使えるようになります。
また、最近では、携帯電話やデータ通信カード、ホテルの有線LANを、無線LAN経由で使用できる「ポータブルWi-Fiルーター」という商品が人気です。
旅行・出張が多いあなた、iPod/iPad/iPhoneとともに、1個備えておいてはいかがでしょうか。
もちろん自宅でも、有線LANにこのポータブル/モバイル無線LANルーターを接続して、iPod/iPad/iPhoneでネット接続を楽しむのにも使えます。 当サイトでは、旅行・出張先で、ホテルのLANでもデーター通信カードでも無線LANが使用できるモバイル無線LANルーターPortable Wi-Fi DWR-PGの使い方を解説しています。 ご参照ください。

Portable Wi-Fi DWR-PGの使い方


  • バッファロー Portable Wi-Fi DWR-PG

    NTT DoCoMo(b-mobile含む)のSIMカード、有線LAN、無線LANの3種類の回線を、無線LANから利用できます。 屋外ではNTT DoCoMoの電波が使えるところで、そして屋内では自宅やホテルの有線LANまたは無線LANを、パソコンやiPod/iPad/iPhoneなどの複数のデバイスでシェアすることも可能です。

ホテルの無線LANサービスへの接続方法


iPhone 無料で無線LANが使えるホテルや施設なら、 設定-[Wi-Fi]-[Wi-Fi]をONにし、 表示されるホテルのアクセスポイントを選択するだけで接続できます。
iPhone 多くの場合、アクセスポイントを選択すると、ログイン画面が表示されます。 ホテルや施設から指定されたIDとパスワードを入力すればOKです。
有料で無線LANを提供しているホテルや施設では、このあと画面の指示に従い、接続プランや支払い方法を選択すればOKです。 支払い方法は、ホテルの会計につける、クレジットカードで支払う、その無線LANを提供しているプロバイダの会員になって、IDを取得する、等が一般的です。
通常、有料のネットワーク接続サービスは、接続の申し込みを行った、1台のパソコン/端末しか使用できません。 ホテルによってはログインし直すことにより、同時に1台なら、パソコン/端末を切り替えられるサービスもあるようです。
複数のパソコン/iPhoneでネットワーク接続したい場合や、有料の有線LANしかサービスのないホテルでは、 上で示したポータブル無線LANルーターを使うと良いでしょう。
なお、有料サービスの料金は、北米では1日10~20ドル、ヨーロッパでは1日10~20ユーロ程度のところが多いようです。

このページの先頭へ

公衆無線LANサービスを使う:無線LANサービスプロバイダのいろいろ

駅や空港、喫茶店など、屋外でアクセスポイントを提供する、公衆無線LANサービスというものがあります。
無料のアクセスポイントが使える場所には、ネットワークの名前(SSID/ESS-ID)やパスワードなどが入会時に通知されたり、張り出されているので、それを入力するだけでOKです。 有料のアクセスポイントの場合は、事前にプロバイダと契約してIDやパスワードを発行してもらっておく形式と、 使用したいときに、そのつどホームページから申し込んで接続する方法の2通りがあります。 詳細については、下で紹介している各プロバイダのホームページをご覧ください。
公衆無線LANのプロバイダに申し込む場合は、事前に各社のアクセスポイントの展開状況をよく確認して、 自分が使用したい場所にアクセスポイントを持っているプロバイダを選びましょう。

キャリアの提供する公衆無線LANサービスを使用する


ソフトバンクモバイル、au/KDDI、NTT docomoとも、iPhoneユーザー向けに公衆無線LANサービスを提供しています。 どちらも現在は無料で使用できます。 全国のマクドナルドの店舗をはじめ、JR駅構内や空港、カフェなどで、高速なインターネット接続が無料で楽しめます。
(iPod touchのユーザーは無料ではありません)

MACアドレスについて


有料の無線LANサービスに申し込む場合は、申し込み時に、接続する機器を特定するための「MACアドレス」が必要になることがあります。 iPod/iPad/iPhoneのMACアドレスは、 設定-[一般]-[情報]の「Wi-Fiアドレス」欄に「00:00:00:00:00:00」の形式で16進数で表示されています。

公衆無線LANサービスのいろいろ
プロバイダ 名称 料金
FREESPOT FREESPOT 無料
セブン&アイ・ホールディングス セブンスポット 無料(会員登録必要)
NTT東日本 フレッツスポット 945円/月、ただしフレッツ光の利用者は210円/月
NTT西日本 フレッツスポット 945円/月、ただしフレッツアクセスサービスの利用者は840円/月
ソフトバンクテレコム BBモバイル プロバイダによる
ワイヤレスゲート WIRELESS GATE 380円~780円/月(プランによる)
380円/24時間(1DAY Wi-Fiプラン)
このうち、FREESPOTは集客のためにレストランなどの施設のオーナーが費用を負担するもので、施設の利用者は無料で使えるのが魅力です。
このページの先頭へ

ネットワークで使うと便利なアプリケーションのいろいろ

iTunes Store内に設けられたApp Storeでは、タッチパネルモデルで使用可能な各種有料・無料アプリケーションが大量に公開されています。 この中には、ネットワークで使うと便利なアプリケーションも多数あります。 Wi-Fiを使ってパソコンからiPodの中にアクセスしたり、Skypeなどの無料電話を楽しんだり、簡単に公衆無線LANアクセスポイントを探してくれるアプリを紹介しています。
このページの先頭へ

もっとiPhoneのことを知りたい

下記の各ページでは、より詳しいiPod/iPad/iPhoneの情報を紹介しています。 ご参照下さい。
このページの先頭へ

[Book] iPhone 5s/5c Perfect Manual

ソーテック社 2013/10/5 1,554円

本書は、発売3日でiPhone 4sの400万台、iPhone 5の500万台を上回る900万台が販売されたiPhone5s/5cと、そのOSであるiOS7を初めて使う人や、機種変更で使う人に向け、どこよりも詳しくわかりやすい内容で記述致しました。隅々まで読み込めば、きっとあなたが知らないTIPSや使い方を見つけることができるはずです。

Amazon.co.jpで買う

このページの先頭へ