このページの先頭へ

メッセージ(iMessage/SMS/MMS)の使い方

iMessage/SMS/MMSとは

iMessageとは


アップル社がiPod/iPad/iPhoneユーザーに無料で提供するテキストメッセージサービスです。 データ通信を利用するので、Wi-Fi(無線LAN)接続時、あるいはパケット定額契約の場合は、通信料金は無料となります。 送信可能な文字数には制限がなく、写真やビデオ、位置情報、連絡先を添付することもできます。 しかも無線LANだけでも使用できるので、iPad Wi-FiやiPod touchユーザーとの間でもメッセージのやりとりができます。
iMessageが使用できるのは、iOS5.0以降にバージョンアップした、2009年以降に発売のiPhone(3GS以降)、iPad/iPad mini全機種、iPod touch(第三世代以降)のみです。

SMSとは


ショートメッセージサービス(Short Message Service)の略で、携帯電話同士で、電話番号を宛先にして送信できるEメールサービスのことです。 送信可能な文字数は最大140オクテット(7ビットの英数字で160文字、日本語などの2バイト文字で70文字)です。 通信料については、送信は有料(1通3.15円。ただしキャリアによって割引あり)ですが、受信は無料となります。
SMSが使用できるのはiPhone(全機種)のみです。
ただしiOS8以降にアップデートしたiPod/iPadで、あなたのiPhoneと同じApple IDでiCloudにログインすると、これらのデバイスでもiPhoneのSMSが送受信できます。

MMSとは


マルチメディアメッセージングサービス (Multimedia Messaging Service)の略で、写真や音声、動画などが添付できる携帯間Eメールサービスのことです。 送信可能なデータ量は最大2Mバイト(海外は300KB以下)です。 通信料については、パケット定額サービスに含まれます。
MMSが使用できるのはiPhone(全機種)のみです。
ただしau/KDDIでは、携帯キャリアメール(@ezweb.ne.jp)をインターネットメールとして使用するかMMSとして使用するかの二者択一となります。 また、NTT docomoのiPhoneでは、MMSは使用できません。


SMSは、長らく国内では同一キャリア内でしか使えませんでしたが、2011年7月13日から、異なるキャリア間でもメールをやりとりできるようになりました。 また、SMS/MMSは基本的に携帯電話間でのみ有効なメールサービスですが、MMSについては、パソコンからも、送信先携帯電話のMMSメールアドレスを指定して送信することも可能です。

SMS/MMSをすべてのデバイスで


同じApple IDでiMessageにサインインしているiPhoneとiPad/iPod touch/Macがあれば、 iPhone経由で、iPad/iPod touch/MacからもSMS/MMSを送受信できます。 iPhoneに届いたSMS/MMSは、同時にiPad/iPod touch/Macにも配信されます。 (iOS8から)

このページの先頭へ

携帯キャリアメールの初期設定

iPhone/iPad(Cellular)シリーズの場合、契約した携帯キャリアから、Eメールアドレスがもらえます。
ソフトバンクモバイルの場合は、ホワイトプラン(i)で契約すると、Eメール(i)サービスが使用できます。「@i.softbank.jp」のメールアドレスが付与されます。
au/KDDIの場合は、EZwebメールサービスが使用できます。「@i.ezweb.ne.jp」のメールアドレスが付与されます。
NTT docomoの場合は、spモードメールサービスが使用できます。「@docomo.ne.jp」のメールアドレスが付与されます。
これらの詳細設定方法については、下記の各ページで説明しています。ご参照ください。
このページの先頭へ

メッセージの着信音の設定

メッセージの着信音/着メロは、手持ちの音楽ファイルから、簡単に自分で作ることができます。 この方法については、 着信音/着メロの作り方、バイブパターン/フラッシュ通知の設定方法のページで解説しています。 併せてご覧ください。
このページの先頭へ

メッセージの着信通知の設定

「通知センター」を使うと、メッセージが到着したときの通知方法を指定することができます。 この方法については、 通知センター/Eメール着信通知/おやすみモードの設定のページで解説しています。 併せてご覧ください。
このページの先頭へ

メッセージの初期設定

携帯電話ネットワークに接続できないiPad(Wi-Fi)/iPod touch/Macの場合は、メッセージの使用を開始する前に、最初に1回初期設定が必要です。 宛先として使用するAppleIDの登録作業です。
また、iPhone/iPad(Cellular)では、iMessage/SMS/MMSそれぞれを使用するか否かの指定が必要です。
事前準備
メッセージを利用するには、無線LAN接続とEメール、そして連絡先(電話帳)の設定が必要です。 メッセージを開始する前に、まずこれらを設定しておいてください。
(ただしEメールについては、パソコンに受信環境があるだけでもOKです。)
iPad iPhone Apple IDの入力
iMessage/SMS/MMS アイコンをタップすると、このようになります。
あなたのApple ID(=メールアドレス)とそのパスワードを入力します。 そして「サインイン」をタップしてください。
サインインできない!?
なんらかの不具合で「サインインできませんでした」とエラーになることがあります。 Apple IDとパスワードが正しいのにエラーになってしまうときは、iPod/iPad/iPhoneを初期化(復元)してみてください。
iPad iPhone メッセージの宛先として使用する電話番号/メールアドレスの登録
つづいてメッセージの宛先として使用する電話番号/メールアドレスの登録を行います。 自動的にApple ID、iCloudメール、iPhoneの電話番号が選択されています。 これらの電話番号/メールアドレスをそのまま利用するときは、画面右上の「次へ」をタップするだけでOKです。
家族や友人からメッセージを送信してもらうときは、宛先として、ここに登録した電話番号/メールアドレスを使ってもらいます。
なお、このアドレスは、後から Settings(設定)- iMessage/SMS/MMS(メッセージ)-[送受信]画面で変更可能です。
iPad iPhone Settings(設定)- iMessage/SMS/MMSで、各種設定ができます。 iMessage/SMS/MMSそれぞれを使用するか否かや、メッセージの送信に使用するメールアドレスを追加/削除することができます。
このページの先頭へ

iPhoneの使用をやめるとき

一度iMessageのセットアップ行うと、アップルのサーバーで、その電話番号がiMessageと紐づけられます。 iPhoneの使用をやめ、アップル以外の携帯電話に乗り換えた場合、 他のiPhoneユーザーからのメッセージ/SMSは、アップルのサーバーでiMessageに変換されてしまい、アップル以外の携帯電話には届かなくなってしまいます。
これを避けるには、iPhoneの使用をやめるときに Settings(設定)- iMessage/SMS/MMSで iMessageを タッチパネル:OFF(オフ) にします。 すでにiPhoneを手放した後は、アップルの iMessageの登録解除のページ で紐づけを解除します。
このページの先頭へ

メッセージの送信(iMessage)

まずはアップルのiPod/iPad/iPhoneユーザー同士で利用できる、iMessageを送信してみましょう。
iPad iPhone 初期設定を終えて iMessage/SMS/MMS (iMessage/SMS/MMS)アイコンをタップすると、このようになります。
新しくメッセージを送るには Editをタップします。
iPad iPhone するとこのようになります。 をタップすると「連絡先」画面が開くので、送信相手のメールアドレス/電話番号を選びます。
送信先に、相手が iMessage/SMS/MMS の宛先として登録しているメールアドレスを指定するとiMessageとして発信されます。
iPad iPhone iPod touch/iPad Wi-Fiモデルでは、宛先として、「iMessage」を送信できないメールアドレス/電話番号を指定するとこのように、宛先が赤字になり、送信できません。
iPhoneの場合は、「iMessage」を送信できないアドレスを指定するとSMS/MMSとして発信されます。
iPad iPhone 相手がiMessageを受信できるメールアドレスを選ぶと、タイトル部分が「新規iMessage」になります。 また、テキスト入力エリアに「iMessage」と表示されます。 さらに宛名と送信ボタンが青色になります。
つづいてテキスト入力エリアをタップし、メッセージを入力します。 そして「送信」ボタンをタップすると送信されます。
スペースキーの左の(マイク)キーをタップすると音声入力(Dictation)ができます。
iPad iPhone メッセージが送信されるとこのようになります。
相手が返信を入力し始めると、このように「・・・」という画像が表示されます。
このページの先頭へ

写真/ビデオの送信

iPad iPhone 入力エリアの左にある iMessage/SMS/MMS (カメラ)アイコンをタップすると、メッセージに写真または動画を添付することができます。 「写真またはビデオを撮る」を選ぶと、カメラアプリが起動して、今すぐ写真またはビデオを撮ることができます。 「既存の項目を選択」を選ぶと、写真アプリが起動して、すでにiPhoneに格納されている写真またはビデオを選択して添付することができます。 任意の写真またはビデオを選択/撮影したら、「選択/使用」ボタンをタップします。
iPad iPhone するとこのように「添付」されます。 このまま続けてメッセージや写真を挿入することも可能です。 「送信」をタップすれば送信されます。
iPad iPhone iOS8以降では、さらに簡単な方法もあります。 iMessage/SMS/MMS (カメラ)アイコンを長押しすると、このような画面になります。 ここでカメラアイコンをタップすれば写真が撮影でき、赤丸アイコンをタップすればビデオが撮影できます。 そのあと表示される上矢印をタップ、または上方向にフリックすれば送信されます。
このページの先頭へ

オーディオメッセージの送信

iPad iPhone iOS8以降では、入力エリアの右にある iMessage/SMS/MMS (マイク)アイコンをタップすると、このような画面になります。 オーディオメッセージを送信することができます。
このページの先頭へ

位置情報の共有/送信

iPad iPhone 会話中には、画面右上、相手の名前の右に「詳細」という表示が現れます(iS8以降)。 これをタップすると・・・
iPad iPhone このような画面になります。 「現在地を送信」をタップすると、今すぐあなたの位置(地図)を相手に送ります。
また「位置情報を共有」をタップすると、「1時間」「明け方まで」「無期限」と時間を区切ってあなたの位置を相手に送り続けることができます。
PC 「位置情報を共有」を受信したユーザーにはこのような表示が現れます。 「今はしない」をタップすると、自分の位置情報は相手に通知せずに、相手の位置情報のみを読み取ることができます。 「共有」をタップするとお互いの位置を知ることができます。
PC こんな感じで相手の位置を知ることができます。
このページの先頭へ

メッセージの編集

iPad iPhone メッセージの送受信画面で、メッセージを長押しすると「コピー|その他」というメニューが表示されます。
「コピー」をタップすると、そのメッセージや写真などが、クリップボードにコピーされます。 他のアプリに「貼り付け」することができます。
「その他」をタップすると・・・
iPad iPhone このようになります。
各メッセージをタップすると、その左にチェックマークがつきます。
をタップすると、チェックマークをつけたメッセージが削除されます。
をタップすると、そのメッセージを転送する事ができます。
画面左上の「すべて削除」をタップすることにより、一括で削除することも可能です。
iPad iPhone メッセージの保存期間
メッセージ、そしてそれに添付して送信・表示したオーディオ、ビデオの残す期間が指定できます(iOS8以降)。 初期値では、メッセージは永久保存、一方オーディオ、ビデオは、容量確保のため2分後に削除されます。 設定-[メッセージ]で、 メッセージを残す期間を「30日」、「1年」、「消去しない」から選んだり、 オーディオ、ビデオの「有効期限」を「なし」(ずっと保存)に指定できます。
このページの先頭へ

メッセージの送信(SMS)

つづいてSMSを送信してみましょう。SMSが送受信できるのはiPhoneだけです。
iPhone iMessage/SMS/MMS (iMessage/SMS/MMS)アイコンをタップすると、このようになります。
iPhoneの場合は、すでにキャリアからいくつかのお知らせメッセージが届いているはずです。
新しくメッセージを送るには Editをタップします。
iPhone するとこのようになります。 をタップすると「連絡先」画面が開くので、送信相手のメールアドレス/電話番号を選びます。 送信先に電話番号を選ぶとSMSとして発信されます。 送信先に携帯メールアドレスを選ぶとMMSとして発信されます。
iPhone またはこのように、直接相手の電話番号を指定することもできます。 ここでは送信先に電話番号を選んでSMSとして発信してみます。
iPhone 送信先がSMSと認識されるとタイトル部分が「新規メッセージ」になります。 また、テキスト入力エリアに「SMS/MMS」と表示されます。 さらに宛名と送信ボタンが緑色になります。
画面中央の入力エリアをタップして、メッセージを入力しましょう。
ここで全角70文字以上(ソフトバンク同士の場合は全角670文字以上)を入力すると、MMSとして発信されます。
スペースキーの左の(マイク)キーをタップすると音声入力(Dictation)ができます。
iPhone 「送信」ボタンをタップすると、画面上部に「送信中」と表示され、送信されます。 相手から返信が届くと、このようにメッセージが表示されます。
このページの先頭へ

メッセージの送信(MMS)

iPhone つづいてMMSを送信してみましょう。手順はSMSの時と同じです。 ただ、宛先に携帯メールアドレスを指定したり、写真、音声、動画などを添付するなど、MMSでなければ送信できないような指定を行うと、自動的にMMSとして送信されます。
送信先がMMSと認識されるとタイトル部分が「新規MMS」になります。 また、テキスト入力エリアに「SMS/MMS」と表示されます。 さらに宛名と送信ボタンが緑色になります。
スペースキーの左の(マイク)キーをタップすると音声入力(Dictation)ができます。
設定(設定)-[メッセージ]-[文字数]を タッチパネル:ON(オン)にすると、入力中の文字数が表示されて便利です。
iPhone 入力エリアの左にある iMessage/SMS/MMS (カメラ)アイコンをタップすると、メッセージに写真または動画を添付することができます。 「写真またはビデオを撮る」を選ぶと、カメラアプリが起動して、今すぐ写真またはビデオを撮ることができます。 「既存の項目を選択」を選ぶと、写真アプリが起動して、すでにiPhoneに格納されている写真またはビデオを選択して添付することができます。 任意の写真またはビデオを選択/撮影したら、右下の「選択」ボタンをタップします。
iPhone するとこのように「添付」されます。 続けてメッセージや写真を挿入することも可能です。 「送信」をタップすれば送信されます。
iPhone こんな感じで送信されます。
このページの先頭へ

メッセージの受信

iPhone 受信には特に気を遣うことはありません。iPod/iPad/iPhoneが電波の届く圏内にいれば、メッセージが届きます。 この画面で iMessage/SMS/MMS アイコンを左から右にドラッグすると、直接メッセージアプリの画面を開くことができます(iOS5.0以降)。
iPhone 写真が添付されたメッセージが届くと、このように写真も表示されます。
SMSやMMSは、その送信先は携帯電話/携帯メールアドレスに限られますが、MMSの受信に限り、パソコンからも受信可能です。
設定(設定)-[メッセージ]-[プレビューを表示]を タッチパネル:OFF(オフ) にすると、この待ち受け画面へのメッセージ(プレビュー)表示を禁止できます。

その他の詳しい着信通知の設定方法は、 通知センター/Eメール着信通知/おやすみモードの設定のページで解説しています。 併せてご覧ください。
iPhone SMS/MMSを起動するとこのように見えます。 メッセージを長押しすると・・・
iPhone このようになります。送ってもらった写真をiPhoneのカメラロールに格納しておくことができます。
このページの先頭へ

メッセージの受信拒否

iPhone iOS6.0から、「通知センター」を使ってメッセージの受信拒否の設定ができるようになりました。 詳しくは下記をご覧下さい。
このページの先頭へ

送信エラー

iPhone たとえばMMSの使用を タッチパネル:OFF(オフ) にしているユーザーに対してMMSを送信した場合など、送信に失敗すると「!」マークがつきます。
iPhone 単なる通信ミスと思われる場合は、「!」マークをタップして「やり直す」こともできます。
このページの先頭へ

もっとiPhoneのことを知りたい

下記の各ページでは、より詳しいiPod/iPad/iPhoneの情報を紹介しています。 ご参照下さい。
このページの先頭へ

[Book] iPhone 6 / 6 Plus Perfect Manual

ソーテック社 2014/10/4 1,598円

iPhone 6とiPhone 6 Plusに対応した、iPhoneのすべての機能をカラーで詳しく解説しています。 はじめてスマートフォンを使う方から、Androidから乗り換えるユーザー、iPhone 4S・5・5Sから乗り換えるユーザーまで役立つ情報満載です。 タッチ操作、Wi-Fiの設定、iCloudの設定、カメラ、ビデオ撮影、写真の編集、App Storeでのアプリ購入、カレンダー、リマインダーでの予定管理など基本操作をどの参考書籍よりも詳しくわかりやすく紹介しています。

Amazon.co.jpで買う

このページの先頭へ