このページの先頭へ

iTunesライブラリをNASに移動する

ネットワークに接続して使用する外付けのハードディスクとして、NAS(Network Attached Storage)と呼ばれる製品が発売されています。 これを家庭内に設置されているブロードバンドルーターなどに接続すると、家庭内ネットワークに接続しているすべてのパソコンからアクセスすることができます。 iTunesライブラリをNASに移動すると、家庭内の複数のコンピューターからひとつのiTunesライブラリを共有したり、外出先や遠くにいる家族と、パソコンやiPod/iPad/iPhone(タッチパネルモデル)で音楽やビデオを共有することができます。

NASをネットワークに接続する

NASをネットワークに接続すると、Windowsエクスプローラーで「ネットワーク」の部分に表示されます。 普通のハードディスクドライブと同様、エクスプローラーから新たにフォルダを作り、ファイルをコピーすることができます。
エクスプローラーで「コンピュータ」を選択すると、「ネットワークドライブの割り当て」というメニューが現れます。
ここでNASのフォルダを割り当てると、パソコンのローカルドライブのようにアクセスすることができます。
このページの先頭へ

iTunesライブラリを丸ごとNASに移動する

パソコンのiTunesライブラリを丸ごとNASや増設ハードディスクに移動することができます。 iTunesフォルダの場所を変更するのページでは、この方法を解説します。
このページの先頭へ

iTunesライブラリの一部のファイルをNASに移動する

iTunesライブラリをNASに移動するもう一つの方法として、一部のファイルだけをNASに移動することが考えられます。 省エネやセキュリティ確保のため、NASや増設ハードディスクの電源をまめに落とす場合はこの方法も有効です。 よくアクセスする音楽ファイルなどは今までどおりパソコン本体に残しておきます。 そして、余りアクセスしない、容量が大きい、あるいは再生回数などのプロパティの更新を余り気にしないムービーやビデオ、テレビ番組などだけをNASや増設ハードディスクに移してしまう方法です。
普段はパソコン本体だけの電源を投入し、iTunesとiPod/iPad/iPhoneを同期します。 ムービーやビデオをiPod/iPad/iPhoneに転送したいときだけ、NASや増設ハードディスクの電源も投入し、iTunesと同期します。
PC 一旦iTunesから削除する
NASや増設ハードディスクに移動したいファイルを、一旦iTunesから削除します。 [SHIFT]キーを押しながら、これらのファイルを選択し、右クリックメニューから「削除」を選びます。 この様なダイアログが表示されるので「取り除く」をクリックします。
PC つづいてこの様なダイアログが表示されるので「ファイルを残す」をクリックします。
PC ファイルをコピーする
NASや増設ハードディスクにこれらのファイルをコピーします。
PC iTunesライブラリへファイルの取り込み
iTunesのメニューの[ファイル]-[ファイルをライブラリに追加]で、コピーしたファイルをiTunesに取り込みます。
PC 引越し完了の確認をする
まだ、もとのデータは消去しないでください。
iTunesの「ライブラリ」から、コピーしたいろいろな曲やビデオをクリックして、正しく再生できるか確認してみてください。 もし、曲名の前に「!」マークが表示されて再生できなかったときはコピーに失敗しています。 コピーした場所、手順が間違っていないか確認して下さい。
曲の先頭に“!”マークが表示されるのコーナーも参考にしてください。
無事再生できたら、もとのデータは消去してもOKです。
コピーしたファイルに「!」マークが付く!?
今後コピーしたファイルを操作するときには、iTunesを立ち上げる前にコピー先のNASや増設ハードディスクの電源を入れておく必要があります。 電源の入れ忘れなどで、コピー先のファイルが見つからなかった場合は、コピーしたファイルに「!」マークが付きます。
もしコピーしたファイルを操作しない場合は、コピー先のNASや増設ハードディスクの電源を入れる必要はありません。 iTunesには「!」マークが付いたままとなりますが気にする必要はありません。
あとでコピーしたファイルを操作したくなったら、そのときにNASや増設ハードディスクの電源を入れればOKです。 このとき、先にiTunesが立ち上がっていても問題ありません。
これでiTunesの一部のファイルを移動することができました。
このほか、iTunesのライブラリを別のパソコンに引っ越しする方法については iTunesライブラリの引越し/パソコンの買い換えのページで、 iTunesのライブラリをバックアップする方法については iTunesライブラリのバックアップのページで解説しています。 併せてご参照ください。
このページの先頭へ

NASへ新たなコンテンツを追加する

NASへのアクセスは、ネットワークを介するため、パソコン内蔵のハードディスクより遅くなります。 特にNASに格納したビデオをiTunesに登録したり、そのプロパティを更新するときには、処理が完了するまでに非常に長い時間がかかります。 新たなビデオを追加する場合は、一度内蔵ハードディスク上でiTunesへの登録とプロパティの更新を行ったあと、上の手順に従って削除とNASへの移動を行った方が速いと思われます。
このページの先頭へ

ファイルコピーがとても遅い!?

パソコンのウイルスチェックプログラムが常駐していると、コピー時に、すべてのファイルに対してウイルスチェックが行われます。 このため、性能の低いパソコンではファイルコピーがとても遅くなる場合があります。 もし、ウイルスに感染していないことが確実のファイルをコピーするときは、事前にいったんウイルスチェックを停止させてみてください。
このページの先頭へ

NASのいろいろ

NASといえば バッファローのLink Stationシリーズ アイ・オー・データ機器のLAN DISKシリーズ が有名です。 詳しくはNASのいろいろのページをご覧ください。
このページの先頭へ

もっとiPhoneのことを知りたい

下記の各ページでは、より詳しいiPod/iPad/iPhoneの情報を紹介しています。 ご参照下さい。
このページの先頭へ

[Book] iTunes徹底活用ガイド2014

三才ブックス (2013/12/17) 1,050円

ソフトバンク、auに続き、NTTドコモからもiPhoneが発売され、ユーザー層がさらに広がったiOSデバイス。そのため、初めてiTunesに触れたという人も多いことでしょう。 そんなiTunesの基本的な使い方から、「こんなこともできるのか! 」というテクニックまでを、初心者向けに徹底紹介・解説します。 IPhone5s/5c、iPad Air、iPad mini Retinaモデルをはじめ、これまでに発売されたiPhone/iPad/iPodにももちろん対応。 iTunesのすべてをマスターできる一冊です。

Amazon.co.jpで買う

このページの先頭へ