このページの先頭へ

jailbreak(ジェイルブレイク)/脱獄とは

iPod/iPad/iPhoneの裏技の一つに、jailbreak(ジェイルブレイク)/脱獄と呼ばれるテクニックがあります。 これは、基本プログラムiOSを改変することによって、様々な制限を取り除き、通常使用不可能な機能を使用できるようにすることです。 製造元であるアップルの管理下から逃れるので「脱獄」という呼び名で呼ばれます。
「脱獄」を行うと自由度が増す代わりに、メーカー保証外となり、またウイルス感染の危険性が増加したり、「脱獄」手順に失敗すると、iPod/iPad/iPhoneが全く動作しなくなるリスクもあります。 「脱獄」に挑戦する場合は、これらのリスクを十分理解し、バックアップなど万全に準備した上で実施してください。
ここではiPod/iPad/iPhoneでの「脱獄」について情報をまとめます。

jailbreak/脱獄とは

iPod/iPad/iPhoneの基本プログラムiOSを改変することによって、様々な制限を取り除き、通常使用不可能な機能を使用できるようにすることです。 製造元であるアップルの管理下から逃れるので「脱獄」という呼び名で呼ばれます。
「脱獄」することのメリットとしては
アップルのApp Storeでは配布されない、アップル非公認のアプリが使用できます。 これにより、SIMロックを解除したり、テザリングを有効にしたり、アイコンや壁紙、サウンドなどを自由に入れ替えたり、基本アプリに様々な機能を追加することができます。
「脱獄」することのデメリットとしては
アップルや携帯電話キャリア(ソフトバンクモバイル、au/KDDI、NTT docomo)の保証対象外となります。故障時には修理してもらえなかったり、高額の修理費用がかかることがあります。 またセキュリティがAndroid機並に低下します。悪意のあるアプリやウイルスの攻撃を受けてデータを吸い出されたり、破壊されたり、デバイスを乗っ取られて、その身代金を要求される事件も発生しています。 さらに本体の動作が不安定になったり、「脱獄」操作に失敗すると、iPod/iPad/iPhoneが全く動作しなくなったりします。
以上をふまえて、どうしても動作させたい非公認アプリがある場合、あるいは新機種への買い換えで、古い機種が余っている場合など、特別な理由がない限り、「脱獄」は行わないほうが良いと思います。 「脱獄」にかかる手間やリスクを考えると、あまりメリットはないと思います。
このページの先頭へ
家電&カメラ

jailbreak/脱獄は合法か


米国政府では、いくつかの条件付きで、脱獄は合法であるとの判断がなされています。 ただしメーカー側はこれをよく思ってはおらず、Kill Switchと呼ばれる、脱獄済みiPod/iPad/iPhoneを即刻操作不能にしてしまう機能を準備しているとも言われています。 また、iPod/iPad/iPhoneを脱獄状態で使い続けるためには、最新のiOSがリリースされるたびに、これに対応した脱獄ツールのリリースを待たなければならなくなります。 しかし、脱獄にはiOSのソフトウェアの脆弱性(プログラムのミスなど)を使ってソフトウェアを書き換えるため、iOSの改善とともに脱獄は困難となっていきます。

iTunesや正規のアプリは使用できるか


できます。脱獄することにより、従来の正規のアプリに加えて、非公認のアプリも追加で使用可能となります。

非公認のアプリはどこから入手するのか


脱獄することにより「Cydia」という非公認アプリのストアがインストールされます (脱獄に使用するツールによっては、手動でのインストールが必要)。 この「Cydia」から、無料/有料の非公認アプリをダウンロードすることができます。 有料アプリの支払いには、Amazon.comのAmazon Paymets、またはPayPalを使用し、ドル建てで支払います。

jailbreak/脱獄の手段は


多くのハッカーチームによって何種類かの脱獄ツールが公開されています。 これらのツールは、iPod/iPad/iPhoneモデル、インストールしているiOSバージョンなどにより異なっており、自分の環境に合わせたツールを使用する必要があります。 通常、脱獄ツールは無料で公開されていますが、一部最新iOS対応のツールを有償で配布しているサイトもあるようです。
Jailbreak(iDownloadBlog)のサイトでは、各モデル、iOSバージョンごとに使用可能なツールとその説明が詳しく書かれています。

このページの先頭へ

jailbreak/脱獄したデバイスは元に戻せるか


基本的に工場出荷時状態への「復元」操作を行えば、元に戻すことができます。 元に戻せばアップルや携帯電話キャリアの保証も受けられると思われます。 しかしこれには脱獄前にバックアップや各種システムファイルの保存が必要な場合があります。 また、モデルやバージョンによっては、一度元に戻すと再脱獄は不可能となる場合があります。 また、過去に脱獄した履歴が残る場合があり、このときは元に戻しても保証が受けられない場合があります。

jailbreak/脱獄関連用語


IPSW
iPhone SoftWare: iOSソフトウェアのこと。iTunesでアップルサーバーからダウンロードしたiOSソフトウェアには“.ipsw”という拡張子がついている。 通常Cドライブの[ユーザー]-[(ユーザー名)] -[AppData] -[Roaming] -[AppleComputer] -[iTunes] -[iPod/iPad/iPhone Software Updates]の下に格納されている。 「脱獄」は、このIPSWファイルにパッチを当ててカスタムiOSを作り、iPhoneをDFUモードにして強制的にこのカスタムiOSを書き込むことにより実施します。
リカバリモード
iPhone購入直後に見られる、画面にiTunesのアイコンとUSBケーブルの絵が表示されている状態。 この状態でiPhoneをiTunesに接続すると、即復元動作が始まる。
iTunesに接続した状態で電源OFF->ONし、アップルロゴが表示されたらすぐホームボタンを押し続けると、このモードに移行できる。 iTunesには「リカバリモードのiPhoneが見つかりました」というメッセージが表示される。
DFUモード
Device Firmware Upgradeモード。iOSが壊れても起動可能な、内蔵ソフトウェアの強制更新プログラム。 何らかの不具合でiPhone内蔵のiOSが壊れたときの修復に使用する。
iTunesに接続した状態で電源OFFし、電源が切れたらすぐにスリープボタンとホームボタンを約10秒同時に押し続ける、つづいてスリープボタンから指を離し、ホームボタンのみをさらに30秒間押し続けると、このモードに移行できる。 なお、このモードに移行してもiPhoneの画面は真っ暗なまま。iTunesには「リカバリモードのiPhoneが見つかりました」というメッセージが表示される。
ECID SHSH
iTunesが「復元」動作を行うときに必要となる、アップル社のサーバーが発行する一種の認証キー。 各iPod/iPad/iPhoneデバイス/各iOSバージョンごとに異なる内容のキーが発行される。 「脱獄」したiPhoneを元に戻すときに、このECID SHSHが必要となる場合がある。 事前に保存しておく必要がある。
このページの先頭へ
  • SIMロック解除アダプタ

    SIMスロットに入れるだけでSIMフリー化できるという、SIMロック解除アダプタというものが販売されています。 利用は自己責任となりますが、安い商品なので、挑戦してみる価値はあるかも。 (解除時に音声回線に発信する必要があるので、音声サービスの付いたSIMが必要です。データ通信専用SIMは利用できません。)

    Amazon.co.jpで買う 楽天で買う

このページの先頭へ

jailbreak/脱獄 関連書籍

  • iPhoneすぐに使える便利ワザ裏ワザ完全脱獄スペシャル

    鉄人社 2014/7/28 770円

    「脱獄」とは、アップルが認可していない外部のアプリをインストールできるようにOSを書き換え、iPhoneの能力を限界まで引き出す行為。 本誌は、そんな脱獄の最新テクニックや未脱獄でも使える裏ワザをまとめたものです。

    Amazon.co.jpで買う

このページの先頭へ

もっとiPhoneのことを知りたい

下記の各ページでは、より詳しいiPod/iPad/iPhoneの情報を紹介しています。 ご参照下さい。
このページの先頭へ

[Book] iPhone 6 / 6 Plus Perfect Manual

ソーテック社 2014/10/4 1,598円

iPhone 6とiPhone 6 Plusに対応した、iPhoneのすべての機能をカラーで詳しく解説しています。 はじめてスマートフォンを使う方から、Androidから乗り換えるユーザー、iPhone 4S・5・5Sから乗り換えるユーザーまで役立つ情報満載です。 タッチ操作、Wi-Fiの設定、iCloudの設定、カメラ、ビデオ撮影、写真の編集、App Storeでのアプリ購入、カレンダー、リマインダーでの予定管理など基本操作をどの参考書籍よりも詳しくわかりやすく紹介しています。

Amazon.co.jpで買う

このページの先頭へ