このページの先頭へ

App Storeでアプリをダウンロードする方法

タッチパネルを搭載したiPod/iPad/iPhone向けに、2008年7月、App Storeがオープンしました。 App Storeからアプリケーションをダウンロードすれば、iPod/iPad/iPhoneの機能をどんどん増やしていくことができます。 しかもいままでのケータイアプリが毎月お金を払い続けなければならないのに対して、iPod/iPad/iPhoneのアプリのほとんどは売り切り制、ダウンロード時にお金を払うだけでOKです。
App Storeスタートからほぼ4年半たった2013年1月にはアプリの数は77万種類以上、総ダウンロード数は400億を突破しています。

App Storeの使えるデバイス

なお、App Storeからアプリケーションをダウンロード購入して楽しめるのは、 タッチパネルを搭載した
  • iPod touchシリーズ全モデル
  • iPhoneシリーズ全モデル
  • iPadシリーズ全モデル
  • iPad miniシリーズ全モデル
のみです。
このページの先頭へ

各アプリケーションが対応するiPod/iPad/iPhoneの機種について

基本的に、ほとんどのアプリケーションは、すべてのタッチパネルを搭載したモデルで共通に使用できます。 購入した1本のアプリケーションを、あなたがお持ちのタッチパネル搭載モデルすべてに転送して楽しむことができます。 しかし、カメラやGPS、マイク、BlueToothなど、一部のモデルにのみ搭載されている機能を使用するアプリケーションは、その機能が搭載されているモデルでしか使えません。
また、アプリはiPhone/iPodの小さな画面にのみ対応したもの、1つのアプリでiPhone/iPodと大画面のiPad/iPad miniに対応するもの(ユニバーサルアプリと言います)、iPhone/iPod用とiPad/iPad mini用が個別に販売されているもの、の3種類に分けられます。 大画面のiPad/iPad miniに対応したアプリは、App Storeのなかで「iPad」ボタンをクリックすると見ることが出来ます。
App Store アプリ紹介ページの「互換性」欄に対応機種の一覧があります。あなたがお持ちのiPod/iPad/iPhoneが対応機種に適合しているのを確認の上、ダウンロード購入してください。
あなたのiPod/iPad/iPhoneの世代を調べたいときは・・・
このページの先頭へ

無料版と有料版アプリケーション

アプリケーションには、最初から無料で提供されているものと、無料(Lite)版と有料版の2種類が提供されているものがあります。 このうち、無料(Lite)版は「おためし」の意味合いが強く、有料版アプリケーションの試用版となっています。 このような無料(Lite)版は有料版に比べて大幅に機能が制限されていたりします。 有料版アプリケーションを購入する前の確認に使用すると良いでしょう。
またiPod/iPad/iPhoneのアプリのほとんどは売り切り制、ダウンロード時にお金を払うだけでOK。毎月の料金はかかりません。
このページの先頭へ

なくなるアプリ、値段が変るアプリ

アプリの値段は常に変動しています。高機能になって値段が上がったり、セールや人気の低下で値段が下がったり。 買い時を見極めるのも重要ですね。
しかし、それぞれのアプリは、常にずっと販売されているとは限りません。 諸般の事情により、時間がたつと販売が中止され、無くなってしまうものもあります。 そのようなアプリを表示させようとすると、右図のようなエラーが表示されます。 「これは!」と思うアプリを見つけたときは、早めにゲットすることも必要なようです。
このページの先頭へ

ダウンロードしたアプリがiPod/iPad/iPhoneにインストールできない

せっかくダウンロード購入したアプリが、iPod/iPad/iPhoneにインストールしようとすると右図のようなダイアログボックスが出てインストールできない場合があります。 App Storeのアプリケーションの説明ページの「必須」欄に対応機種として挙がっているのにインストールできない場合は、何度か再インストールしてみてください。
このページの先頭へ

インストールしても動かない、落ちる、音が出ない

新しいアプリをインストールしたら、そのアプリが動かない、落ちる、という場合があります。 すでにiPhoneでたくさんのアプリを起動していて、メモリが不足しているとこのような現象になります。 こんなときはiPod/iPad/iPhoneを電源OFF->ONまたはリセットしてみてください。すんなり動くようになったりします。 あるいはそのアプリだけを再インストールするのも有効です。
なお、音が出ない場合は大半がiPhone本体横の「Ring/Silent」スイッチをOFFにしている事が原因です。スイッチをONにすれば音が出ます。
このページの先頭へ

アプリケーションの設定画面について

アプリケーションによっては、専用の各種設定画面が設けられているものがあります。 ホーム画面からSettings(設定)を開くと、下の方に図のようなアプリケーションのアイコンが現われます。 新しいアプリをインストールしたら、最初に設定画面を開いて、そのアプリ専用の設定画面が無いかを確認すると良いでしょう。
このページの先頭へ

ダウンロード購入したアプリの著作権保護について

iTunes Storeでダウンロード購入する音楽、ビデオ、アプリ、ゲームその他は、アップル社独自の著作権管理(DRM:Digital Rights Management)システムである、 FairPlay(フェアプレイ)という仕組みで保護されています。 これは、最大同時に5台のパソコンで、ダウンロード購入したコンテンツを楽しむことを許可しています。
iTunesの著作権保護(DRM)の方式の詳細についてはiTunesの著作権管理:FairPlayをご覧ください。
このページの先頭へ

ほかのiPod/iPad/iPhoneとアプリを同期する

あなたが複数のiPod/iPad/iPhoneを所有している場合は、アップルが提供する無料のクラウドサービス:iCloudを使ってアプリを同期することができます。 パソコン、その他のデバイスでダウンロードしたアプリを、同時にあなたの持つすべてのiPod/iPad/iPhoneにもダウンロードさせることができます。 詳しくは、iCloudの使い方をご覧下さい。
このページの先頭へ

App Storeでアプリをダウンロードする方法

支払方法の選択、iTunes Cardの登録
iTunes Store、App Storeでの支払方法には、Apple IDにクレジットカードを登録して使用する方法のほかに、下記のようなものがあります。 お好みによって使い分けてください。
PC iTunes Cardを入手したら、さっそくiTunesから「iTunes Store」にアクセスしましょう。
パソコンをインターネットに接続した上で、 下記のリンクをクリックするとiTunesが起動してiTunes Storeのトップページに切り替わります。 またはiTunesを起動して、画面右上のから「iTunes Store」をクリックします。
PC 画面右の「全てのカテゴリ」と書かれているところをクリックすると、さらに細かいカテゴリのメニューを表示させることもできます。
PC 初めて「iTunes Store」を利用する場合は、ダウンロード購入する前に、Apple IDの登録が必要です。
「iTunes Store」の画面に切り替わった後、iTunesの右上のアイコンをクリックしたときにあなたのApple IDの表示がある場合は、すでに登録/サインイン済みです。 ここに表示されている残額までのお買い物ができます。 (クレジットカードでの登録の場合は、残額は表示されません)
ここをクリックしたときに「サインイン」と表示されるときは、ここからサインインしましょう。
Apple IDの登録の仕方については、 Apple IDの作り方・使い方のページをご覧ください。
PC サインインが済んだら、早速アプリケーションを購入してみましょう。 好きなアプリケーションを選び、アプリケーション名をクリックします。
右上の検索ボックスにタイトルなどの一部を入力すると、ダイレクトに欲しいアプリを探すこともできます。
PC アプリケーションの説明を確認
するとアプリケーションの説明が表示されます。 「詳細情報」欄を下にスクロールし、「説明」欄の「その他」をクリックすると、このアプリの詳細説明を読むことができます。
また、スクリーンショット欄のスクロールバーを左右にドラッグすると、いくつかのスクリーンショットが確認できます。
海外プログラマが開発したアプリは、英語その他外国語での説明となります。 この説明を良く読まずに苦情のコメントを投稿する人もいますが、これは恥ずかしい。まずは説明を良く読みましょうね。
PC ユーザーの評価には注意
「評価とレビュー」をクリックすると、このアプリに対するユーザーのレビューが読めて、参考になります。 ただ、ここには「サクラ」の書き込みも多く、注意が必要です。 リリースされたばかりなのに短期間に高評価が大量に投稿されていたり、たいした理由も書かれずに、ただ「良い」とか「スゴイ」とかの言葉ばかりがならぶ場合は、ニセ評価の可能性が高いと考えられます。 こんなアプリのダウンロードは控えましょう。
PC 対応機種の確認
「詳細」画面の下にある「情報」欄に、このアプリの仕様が書かれています。 「互換性」欄には、このアプリが使用できるiPod/iPad/iPhoneの機種や、対応iOSバージョンに関する詳しい説明があります。 あなたの持っているiPod/iPad/iPhoneが対応しているか確認のうえ、ダウンロード購入してください。

あなたのiPod/iPad/iPhoneの世代を調べたいときは・・・
PC アプリケーションを購入
アプリケーションを購入するときは、「購入する」ボタンをクリックします。
無料アプリの場合は、すぐにダウンロードが始まります。
なお、アプリケーションは自分のために購入するだけではなく、プレゼントとして他のiPod/iPad/iPhoneユーザーに贈る事も出来ます。 相手のメールアドレスだけ分かっていればOKです。 お勧めの音楽やアプリを見つけたら、大切なあの人にもプレゼントして、楽しみを共有しましよう。
PC 有料アプリの場合は、このような確認画面が表示されます。 Apple IDのパスワードを入力します。
PC つづいて確認ダイアログに「購入する」で答えます。
PC するとダウンロードが始まります。 画面右上のダウンロード中を示すアイコンをクリックすると・・・
PC ダウンロード途中の状況が分かります。
PC ダウンロードが完了するとライブラリ欄に アプリケーション という項目が出来ます。 ここをクリックすると現在あなたのiTunesにダウンロードされているアプリケーションとゲームの一覧が表示されます。
PC アプリケーションをiPod/iPad/iPhoneに転送
App Storeに対応したタッチパネルモデルのiPod/iPad/iPhoneをパソコンに接続すると、パソコンからiPod/iPad/iPhoneにアプリケーションが転送されます。 iPod/iPad/iPhoneのホーム画面に新しいアイコンが増えます。
アプリケーションをiPod/iPad/iPhoneに入れるか否かは、音楽の転送方法と同様iTunesの同期設定画面で指定できます。 転送したいアプリケーションの右の「インストールする」をクリックすれば、そのアプリケーションだけが転送されます。
特定のアプリケーションの調子が悪い・動作がおかしい時は、ここで「削除」をクリックして同期(iPod/iPad/iPhoneから削除)し、さらに「インストールする」をクリックして再同期することにより再インストールすると治る場合があります。
注意: インストールするアプリケーションによっては、パソコンとの同期に非常に時間がかかる場合があります。 必要に応じて、転送するアプリケーションを選択してください。
このページの先頭へ

iPad/iPad miniでiPhone/iPod用アプリを使う

iPad 画面解像度の異なるiPadとiPhone/iPodですが、ほとんどのiPhone/iPod用アプリは、そのままiPad/iPad miniでも使用できます。 iPhone/iPod用アプリをそのまま起動すると、画面中央にもとの解像度で起動します。 このままでも使用できます。
このとき画面の右下に表示されている2倍ボタンをタップすると・・・
iPad 拡大表示されます。iPhone/iPod用アプリもiPad/iPad miniで快適に使えます。
このページの先頭へ

購入したアプリケーションのバックアップ

PC ダウンロード購入したアプリケーションは、パソコンのクラッシュなどに備えて、バックアップしておきたいですね。 ダウンロード購入したアプリケーションの格納場所を知るには、アプリケーションを選択して右クリックしたときのメニューで「プロパティ」を選びます。
(参考:一度購入したアプリは、App Storeから、何度でも無料で再ダウンロードが可能です。ただしApp Storeからそのアプリがなくなった場合は再ダウンロードが不可能になります。)
PC するとこのようなダイアログが出て、アプリケーションの情報が表示されます。 「ファイル」画面の下の方の「場所」の部分に、このアプリケーションの格納されている場所が表示されています。
PC iTunesライブラリの格納場所はこのようになります(WindowsVistaの場合)。 アプリケーションは“Mobile Applications”フォルダの下に“.ipa”という拡張子が付いたファイルとして格納されています。 音楽ファイルと同様、iTunesから削除した後もこの“.ipa”ファイルをダブルクリックすれば、またiTunesに再登録可能です。 このフォルダを、別のディスクやCD-R/DVD-Rなどにコピーしておきましょう。 詳しくはiTunesライブラリのバックアップのページで説明していますのでご参照ください。

ここには、過去にダウンロードした古いバージョンのアプリケーションも残されています。 必要に応じて古いバージョンに戻すことも可能です。 また、ディスク容量を確保するには、時々古いバージョンを削除した方が良いかもしれません。
このページの先頭へ

購入したアプリケーションのアップデート(iTunes)

PC アプリケーションは、ときどき改良されたり、バグが修正されたりします。 「ライブラリ」の「App」-「更新」画面を開き、アプリケーションの更新情報を確認しましょう。
PC もし、アプリケーションの更新情報があると、「アプリケーション」-「更新」画面に、更新対象のアプリのアイコンが並びます。 ここで「すべてのAppを更新」をクリックします。
PC このような画面が出て、iTunesストアへのサインインを行います。
PC するとこのような画面になり、ダウンロードが始まります。 画面の右上に、ダウンロード中を示す小さなアイコンが表示されます。
このアイコンをクリックすると・・・
PC 現在のダウンロード状況を確認することができます。
アプリケーションの数やサイズにもよりますが、ダウンロードは十数秒程度で完了します。
PC アップデートが終わるとこのような画面となります。これで作業終了です。
PC 更新されたアプリケーションのアイコンを右クリックして「プロパティ」画面を見てみましょう。 「バージョン」欄には新しいバージョン番号が入っているはずです。
あとはiPod/iPad/iPhoneとパソコンを同期すれば、この最新版アプリケーションが転送されます。
このページの先頭へ

購入したアプリケーションのアップデート(iPod/iPad/iPhone)

iPhone iPod/iPad/iPhoneでは、自動的にアプリケーションのアップデートを行うことが可能です(iOS7以降)。 Settings(設定)-[iTunes & App Store]の「自動ダウンロード」欄で「アップデート」を タッチパネル:ON(オン)にするだけでOKです。 あとは放っておけば勝手にアップデートされます。
iPhone 自動ダウンロードが設定されていないと、App Storeアイコンに、ダウンロード可能な最新版アプリの数が表示されます。 図は、5本のアプリケーションの最新版がダウンロード可能であることを示しています。
iPhone App Storeを起動し、 「アップデート」メニューをタップすると、このように、アップデート可能なアプリケーションの一覧画面になります。 右上の「すべてをアップデート」を選ぶと、すべてまとめてアップデートできます。
iPhone どれか一つを選ぶと、そのアプリケーションの詳細が表示されます。 右上の「アップデート」と表示されている部分をタップすると、このアプリケーション単独でアップデートができます。
iPhone すべてのアップデートが終わったら、 App Storeを開いて再度「アップデート」メニューを確認してみましょう。 すべてのアイコンの右に「開く」と表示されれば、アップデートは完了です。

つぎにiPod/iPad/iPhoneをパソコンに接続したときに、このiPod/iPad/iPhoneに格納された最新版アプリケーションが、パソコンにバックアップコピーされます。
そして他のiPod/iPad/iPhoneをパソコンに接続すると、この最新版アプリケーションが転送されます。
iPhone なお、携帯電話回線経由のダウンロードは、最大100MB(iOS7)/50MB(iOS6以前)までです。 これより大きなアプリをダウンロードしようとすると、この様な画面になってしまいます。 このようなときは、Wi-Fi経由、あるいはパソコンのiTunesでダウンロードしましょう。
このページの先頭へ

アプリケーションの削除と再インストール

特定のアプリケーションの調子が悪い・動作がおかしい、またはインストールできないなどの症状が発生した時は、そのアプリケーションだけを再インストールしてみましょう。
PC iTunesでのアプリケーション削除の指定
iTunesの同期設定画面から「App」を選びます。 するとこのような画面になるので、削除したいアプリケーションの右にある「削除」をクリックし、「同期」します。 するとそのアプリケーションがiPod/iPad/iPhoneから削除されます。
そのあとこの画面で「インストール」をクリックして再同期すると再インストールされます。
PC iPod/iPad/iPhone本体でのアプリケーションの削除
ホーム画面で、アプリケーションのアイコンを押し続けていると、各アプリケーションのアイコンの左上に「×」マークが表示されます。 ここでこの「×」マークをタップすると、そのアプリケーションを削除することができます。 なお、この場合もパソコンと同期すれば、iTunesからアプリケーションを再インストールすることができます。
PC 上の方法でだめだったときは、iTunesからアプリケーションを削除し、App Storeから再ダウンロードしてみましょう。 iTunesの「App」画面で対象となるアプリのアイコンを右クリックし、メニューから「削除」を選びます。 その後表示されるダイアログでは「削除」「ごみ箱に入れる」を選びます。
一旦削除したあと、 App Store を開いて、そのアプリをダウンロードし直します。
一度購入したアプリは、App Storeから、何度でも無料で再ダウンロードが可能です。 ただしApp Storeからそのアプリがなくなった場合は再ダウンロードが不可能になります。
このページの先頭へ

アプリとデータ/ファイルをやりとりする方法

アプリの中には、その内部に各種データを格納できる物があります。 音楽ファイルや写真、PDFファイルやMicrosoft ExcelやWord文書など、各種文書をアプリに格納して閲覧できる物です。 このようなアプリの多くは、iTunesを使ってUSB接続でファイルを転送することができます。 詳しくは下記をご覧下さい。
このページの先頭へ

関連する人気アプリケーションの探し方

App Storeの、お気に入りのアプリケーション詳細画面から、そのアプリケーションに関連する人気アプリケーションを探すことができます。
同じカテゴリのアプリケーションを探す
画面左上の「App Store」の隣にあるカテゴリ名をクリックすると、そのカテゴリのアプリケーション一覧と、 そのカテゴリの人気アプリケーションのリストを見ることができます。
無料版を探す/同じメーカーのアプリケーションを探す
アプリ名の下にある「(メーカー名)>」をクリックすると、そのメーカーによるアプリケーション一覧を見ることができます。 無料版などもここから探すことができます。
関連する人気のアプリケーションを探す
画面下の「カスタマーはこんな商品も購入しています」の欄を見ると、このアプリケーションとともにダウンロードされた、 人気のアプリケーションのリストを見ることができます。 このタイトルをクリックすると、そのアプリケーション詳細画面を開くことができます。
このページの先頭へ

おすすめアプリケーション

App Storeおすすめアプリのページでは、 当サイトが推薦するアプリケーションを紹介しています。 併せてご参照ください。
このページの先頭へ

もっとiPhoneのことを知りたい

下記の各ページでは、より詳しいiPod/iPad/iPhoneの情報を紹介しています。 ご参照下さい。
このページの先頭へ

[Book] おとなの入門書 簡単! iTunes

インターナショナル・ラグジュアリー・メディア (2014/7/22) 1,058円

iPhoneやiPad、iPodなどへの音楽の転送用に使っていても、 iTunesの多彩な機能を使いこなしている、という人は少ないのでは? この本は、パソコン用ソフト「iTunes」のほぼすべてのサービスの 全容を理解し、使い方を基本からちょっとした応用まで学べる、ベストな入門書です。

Amazon.co.jpで買う

このページの先頭へ