このページの先頭へ

iTunesのインストール/アップデート手順

パソコンにiTunesをインストールすれば、iPod/iPad/iPhoneに音楽・ビデオを転送したり、メモや住所録、その他のデータの同期を取って、便利に使うことができます。 iTunesはただiPod/iPad/iPhoneに音楽を転送するだけのツールではなく、大量の音楽を整理し、再生回数などの情報を管理してくれる高度なデータベースソフトです。 その完成度は、他社の音楽プレイヤー付属ソフトと比較しても群を抜いています。 もちろん家で音楽を楽しむときのジュークボックスソフトとしても活躍してくれます。

複数のデバイスを使用する

複数のiPod/iPad/iPhoneを同時にパソコンに接続して、同期と充電を一気に行うことが出来ます。 パソコンのUSBポートの数だけ同時に接続可能。さらにUSBハブを使えば、より多くのiPod/iPad/iPhoneを同時に同期することが出来ます。 ただし、アップル社は、1台のパソコンに、同時に複数のiPod/iPad/iPhoneを接続することを避けるように指示しています。 パソコンによっては、同時に複数接続すると同期に時間がかかったり、上手く同期できない場合もあります。 こんな時は、1台ずつ差し替えて使うようにしてください。

1人で複数のデバイスを使用する場合


単にそれぞれのiPod/iPad/iPhoneをパソコンに接続すれば、個別に認識され、普通に同期することができます。 それぞれのiPod/iPad/iPhoneに別の音楽やビデオなどを入れるには、iTunes上で複数のプレイリストを作り、それぞれを各デバイスに設定します。 プレイリストの作り方・使い方のページをご参照下さい。

家族で1台のパソコンを共有している場合


Windowsに複数のユーザアカウントを作成すれば、家族が個別にiTunesライブラリを作成できます。 自分のライブラリに家族の曲が混入することも無くなります。
アップル社の 「1 台のコンピュータで複数の iPhone、iPad、または iPod デバイスを利用する方法」 のページには、1台のコンピュータを家族など複数の人で共有している場合、そして1人で複数のデバイスを使いたい場合の2通りについて詳しい解説があります。 併せてご覧下さい。
また、家族でアカウントを分けた場合、音楽ライブラリをアカウント間で共有する方法については、 アップル社の「iTunes:1 台のコンピュータ上の異なるユーザアカウント間で音楽を共有する方法」 のページに書かれています。

このページの先頭へ

最新型デバイスへ買い替えたとき

最新型のiPod/iPad/iPhoneの発売と同時に、iTunesも最新版が公開されます。 通常、最新型のiPod/iPad/iPhoneを使うためには、iTunesも最新版にバージョンアップする必要があります。 いままで使っていたiTunesはそのままに、iTunesのアップデートの説明に従ってアップデートすればOKです。

iTunesが対応するWindows

iTunesを動作させるには、Windows8/7/Vista/XP SP2Mac OSX(v10.1.5以降)のいずれかが動作するパソコンが必要です。 また、iPod/iPad/iPhoneとパソコンを接続するためにUSB2.0以降のコネクタが必要です。 音楽CDを取り込むためにはCD-ROMドライブも必要です。
このページの先頭へ

iTunesをインストールしていないパソコンにiPod/iPad/iPhoneをつなぐとどうなるの?

この場合、音楽、ビデオの転送はできませんが、充電はできます。
Lightning/Dockケーブルだけ持っていれば、学校や会社のパソコンでも充電は可能というわけです。
iPhone/iPad/iPod touchの場合は、パソコンからはデジタルカメラに見えます。任意のパソコンに写真を取り込むことができます。
iPod(クリックホイールモデル)の場合はUSBメモリに見えます。 接続中はiPodの画面には「接続されています 接続を解除する前に、取り出してください」の表示が出たまま、充電が続けられます。 充電が終わったら、一般的なUSBメモリ同様「ハードウェアの安全な取り外し」操作を行って取り外します。
なお、iPodを「ディスクとして使用する」モードに切り替えていた場合は、実際にUSBメモリとして使用することができます。 エクスプローラーを使って、iPodに各種ファイルを保存/読み出す事ができます。 詳しくはiPod/iPad/iPhoneをUSBメモリとして使用するのページをご覧ください。
なお、他のユーザーのiTunesがインストールされているパソコンに接続すると、右図のように「このコンピュータを信頼しますか?」という警告が表示されます(iOS7から)。 ここで「信頼」をタップすると、撮影した写真、その他iTunesの「情報」欄など、一部のデータを、他のユーザーのパソコンとやりとりできます。
このページの先頭へ

iTunesのインストール手順

PC OSの確認
Windowsで[コントロールパネル]-[システムとセキュリティ]-[システム]の画面を開くと、あなたがお使いのOSの情報が確認できます。 「Edition:エディション(バージョン)」や「システムの種類」を確認しておきましょう。
PC それではiTunesをインストールしましょう。
アップルのiTunesダウンロードページ にアクセスすると、図のような画面になります。 パソコンでお使いのOSにあわせて「iTunes for Windows(64-bit)」や「Windows XP,VistaまたはWindows7」などが表示されているのを確認します。 つづいて「今すぐダウンロード」と書かれたボタンをクリックします。
「今すぐダウンロード」ボタンが表示されない!?
このような場合は、まず最新のページを表示するために、ブラウザの最新の情報に更新(最新の情報に更新)ボタンを押してみてください。 時間をおいて何度かトライすると表示される場合があります。
あるいは、インターネットを見るのに使用しているブラウザのバージョンが古いと、「今すぐダウンロード」ボタンが表示されないことがあります。 「インターネットエクスプローラー」の最新バージョンは11です(2014年春現在)。 Windowsの自動更新機能(Windows Update)を使って、ブラウザを最新にしてみてください。 また、22時~1時といったネットワークが混雑している時間帯のダウンロードを避けてみてください。
または、Microsoftインターネットエクスプローラーの他にも Google Crome, Firefox, Opera, Safari などなど、いろいろなブラウザをお試しください。
現在、最新のFirefoxでは、アップルのサイトからiTunesがダウンロードできない現象が発生しています。
PC 保存先の指定
ここからは、ご使用のブラウザにより、画面が異なります。 インターネットエクスプローラーの場合で説明します。
このような画面になるので[Save/保存]をクリックします。
PC ダウンロード
するとダウンロードが始まります。 光ファイバーでインターネット接続している場合、約20秒ほどでダウンロードが完了します。
ダウンロードが完了すると図のような画面になります。 [デスクトップ]-[(ユーザー名)]-[ダウンロード]の下にiTunesインストーラーが保存されます。
PC [Run/実行]をクリックするか、エクスプローラーから「iTunes(64)Setup.exe」をダブルクリックすると、インストーラーが起動します。
なお、[Open folder/フォルダを開く]をクリックするか、エクスプローラーから[ダウンロード]フォルダを開くと図のような画面になり、保存されたiTunesインストーラーを確認することができます。
PC 図のようなセキュリティの警告が表示されたら「実行」を選びます。
PC インストーラーの起動
しばらく待つと、いよいよiTunesインストーラーの起動です。
PC このような画面になったら「次へ」をクリックして次に進みましょう。
PC なお、この先の手順で、何度か画面下のタスクバーに、下図のような警告が点滅することがあります。
(WindowsVista)
(Windows7)
この場合は、この警告の点滅をクリックします。 すると続いて図のようなダイアログが表示されるので「はい/続行」をクリックします。
PC つづいて表示されるのは「インストールオプション」の画面です。 特に何も変更する必要はありません。 「インストール」をクリックします。
PC するとこのような画面になり、インストールが始まります。 しばらく待ちます。
パソコンの性能やiTunesのバージョンにもよりますが、約5分~10分程度かかります。

途中、インストールが止まったように見えるときは、画面の下にこの表示が点滅していないか確認してください。
(WindowsVista)
(Windows7)
PC インストールが終了すると、このような画面になります。 「完了」をクリックすると、インストーラーが終了し、iTunesが起動します。
iTunesがうまく起動しないときは インストールできません!起動しません! をご覧ください。
PC iTunes起動
場合によっては、パソコンの再起動が必要になる場合があります。 このときはすべてのソフトを終了させた上で「はい」を選び、パソコンを再起動させます。
再起動したら、デスクトップの (iTunesアイコン)をダブルクリックして、iTunesを起動します。
PC 起動時に、この様な警告が表示されたら「ブロックを解除する」を選びます。
PC iTunesのバージョンによっては、初回起動時にライブラリの更新が行われることがあります。なにもせずにしばらく待ちます。
PC 「使用許諾契約」の画面が表示される場合があります。 内容を確認して「同意する」をクリックします。
PC iTunesの初期設定
iTunesの初回起動時には、初期設定の画面が表示されます。 「次へ」をクリックします。
PC するとこのような画面が現れます。 これは、すでにパソコンに格納されている音楽ファイルを、iTunesに自動的に取り込むか否かの選択画面です。 お好みでチェックを入れて、「次へ」をクリックします。
パソコンを買い換えた場合で、古いパソコンのiTunesのライブラリを取り込みたい場合は、ここではすべてのチェックを外してください。 後からiTunesの設定ファイルを上書きすることによって、ライブラリを取り込みます。
PC 次に表示されるのは、音楽データのフォルダの整理方法の選択です。 ここも通常は変更する必要はありません。 「次へ」をクリックします。
PC 次に表示されるのは、アルバムアートワーク(ジャケット写真)のダウンロードのため、iTunesが自動的にネットワークにアクセスすることがあるよ、という警告です。 「次へ」をクリックします。
PC iTunes起動
iTunesの画面が表示されます。「同意します」をクリックするとiTunesのメイン画面に移動します。
PC インストーラーの削除
もうiTunesインストーラーは不要です。 アイコンを右クリックすると右クリックメニューが表示されるので「削除」を選択します。
PC するとダイアログが表示されるので、「はい」を選択します。
お疲れ様でした。これでiTunesのインストールは完了です。 続いて、iTunesを使い始める前に、ちょっと設定をしておきましょう。
このページの先頭へ

iTunesの設定

PC メニューバーを表示する
iTunes11から、メニューバーは非表示となり、すっきりシンプルな画面になりました。 しかしiTunesのすべての機能にアクセスするにはメニューバーが必要です。
このように[メニューバーを表示]を選択します。 するとiTunes10以前と同様に、メニューバーを表示することができます。 好みに応じて表示/非表示を切り替えて使って下さい。
PC サイドバーを表示する
さらにメニューの[表示]-[サイドバーを表示]を選択すると、iTunes10以前と同様に、サイドバーを表示することができます。 こちらも好みに応じて表示/非表示を切り替えて使って下さい。
PC ブラウザーを表示する
「ミュージック」の「曲」表示や「ムービー/テレビ番組/Podcast」の「リスト」表示の画面では、 iTunesメニューの[表示]-[カラム ブラウザー]を選ぶと「ブラウザ」表示に切り替えることができます。 ここで「ジャンル」「アーティスト」「アルバム」を選択することが出来るようになります。 こちらも好みに応じて切り替えて使って下さい。
PC iTunesの設定画面
つづいてiTunesの設定画面を見ておきましょう。iTunesのメニューから[設定]を選択します。
PC すると設定ダイアログが表示されます。 この画面では、iTunesの動作にかかわる数々の指定ができます。 このなかで、最初に設定しておいたほうが良い項目を、以下で説明します。
なお、これらの設定は必須ではありません。 よくわからない場合は変更する必要はありません。
PC サウンドチェック
「再生」タブには「サウンドチェック」という機能の選択があります。 これは、個々の音楽CDでバラバラな音量を、ある程度そろえてくれる機能です。 この機能を使うときは、ここにチェックをいれて「OK」をクリックします。
なお、「サウンドチェック」の機能は、iTunesとは別に、iPod/iPad/iPhoneでも指定できます。 詳しくは曲の音量/ボリュームをそろえる のページをご覧下さい。
PC ライブラリの格納場所
Cドライブに十分な空き容量がない場合は、ここで別のドライブ/フォルダを格納場所として指定することができます。 格納先には、少なくともあなたがお持ちのiPod/iPad/iPhone全容量の数倍の空きが欲しいところです。
初期状態では、音楽CDから取り込んだ音楽データやダウンロード購入した音楽、ビデオ、アプリなどは、
WindowsXPの場合は、 Cドライブの[マイドキュメント]-[マイ ミュージック]-[iTunes]-[iTunes Media(iTunes8以前から使用している場合はiTunes Music)]フォルダ。
Windows8, Windows7, Vistaの場合は、 Cドライブの[(ユーザー名)]-[(マイ)ミュージック]-[iTunes]-[iTunes Media(iTunes8以前から使用している場合はiTunes Music)]フォルダ。
に格納されていきます。
すでにたくさんの音楽やビデオ、アプリなどを取り込んでいる場合、それを別ドライブに引っ越しする方法については iTunesライブラリの引越し/パソコンの買い換えのページで解説しています。
PC 音楽CDの取り込み方法の設定
音楽CDからiTunesに音楽を取り込むとき、パソコンによって「圧縮」がかけられます。 これを「エンコード」といいます。 このエンコードの方法を指定するのがこの画面です。
PC エンコードの方法として、AAC(16~320Kbps)、MP3(32~320Kbps)、MP3 VBR、Audible、AIFF、WAVといったいろいろな形式の音楽ファイルが選択可能です。 なにも指定しないと、iTunesではAAC形式に圧縮して取り込みます。 お好みで設定して下さい。
このページの先頭へ
これであなたのパソコンにもiPod/iPad/iPhoneが接続可能になりました。 つづいて、手持ちの音楽CDをiTunesに読み込んで、パソコンで演奏させて見ましょう。 iPod/iPad/iPhoneに音楽を取り込む方法のページをご覧ください。 当サイトでは、下記のような解説ページを準備しています。ご参照ください。
このページの先頭へ

インストールできません!起動しません!

あなたのパソコンがiTunesに対応しているのに、iTunesがインストールできなかったり起動しないときは、次のことを試してみてください。

iTunesをダウンロードしなおす


ダウンロードしたiTunesインストーラープログラムが壊れていた可能性があります。 しばらく時間を置いて、再度AppleのサイトからiTunesインストーラーをダウンロードして再度インストールしてみてください。 特に最新版のiTunesが公開されたばかりのときは、このようなことがあるようです。

パソコンを再起動する


一度パソコンをシャットダウンして電源を切り、再起動してから再インストールまたはiTunesの起動にトライしてみてください。 意外とあっさりと動作してしまうことがあります。

iTunesをアンインストールする


一度パソコンからiTunesを「アンインストール」で完全に削除し、パソコンを再起動させてから、再度インストールしなおしてみてください。 アンインストールするには
[スタート]-[コントロールパネル]-[プログラム]-[プログラムのアンインストールまたは変更](Windows7の場合)
[スタート]-[コントロールパネル]-[プログラム]-[プログラムと機能]-[プログラムのアンインストールまたは変更](WindowsVistaの場合)
[スタート]-[コントロールパネル]-[プログラムの追加と削除](WindowsXPの場合)
でiTunesを選びます。
なお、iTunesをアンインストールしたあと再インストールした場合でも、音楽ライブラリはそのまま保持されます。 安心して再インストールしてください。

ドライバ、BIOSなどを最新版にする


お持ちのパソコンの「ドライバ」「BIOS」などを最新版にすることにより、改善される場合があります。 パソコンメーカーのwebサイトの「サポート」や「ダウンロード」のページをチェックして、 あなたのパソコン向けの最新版ドライバ・BIOSが公開されていないか確認してみてください。

最近インストールしたソフトをアンインストールしてみる


たまたま相性の悪いソフトをインストールしてしまうと、iTunesに限らず、それまで動作していたソフトが突然動かなくなる場合があります。 特に個人が開発・配布しているフリーソフトの中には、十分な動作確認がなされていないものもあります。 最近インストールしたソフトをアンインストールしたり、追加した周辺機器・アクセサリを取り外して、動かなくなる前の状態に戻してみます。

Windowsを再インストールする


これは最後の手段です。 iTunesライブラリを含め、パソコンの中の必要なデータを外付けハードディスクなどにバックアップし、Windowsを再インストールして、パソコンの中身を購入時の状態に戻します。 パソコンを正しくシャットダウンせずに電源を切ったり、古いソフト、フリーソフトをたくさん入れたり、コンピュータウイルスに感染したり、いろいろな条件によりWindowsのシステムプログラムが破壊されて正常に動作しなくなることがあります。 こんなときはWindowsの再インストールを行いましょう。 Windowsの再インストールの方法については、各パソコンの説明書をご覧ください。

パソコンの故障を疑う


Windowsを再インストールしても過去に動作していたプログラムが動作しない場合は、パソコン本体の故障が考えられます。 メモリまたはハードディスクの一部が故障すると、一見普通に動いているのに、ときどき動作がおかしい、といった難解な状態に陥ることがあります。 この判断はパソコン自作経験者でないと困難ですが、メモリやハードディスクを交換することによって直ることがあります。

このページの先頭へ

iTunesのアップデート

ここでは、すでに利用しているiTunesを、最新バージョンにアップデートする手順を紹介します。
PC アップデートの確認
iTunesがアップデート可能か否かは、パソコンをインターネットに接続した上で、メニューの[ヘルプ]-[更新プログラムを確認]を選択します。
PC いま使用しているものより新しいiTunesがダウンロードできるときは、このような表示となります。 ここで「iTunesをダウンロード」を選ぶとダウンロードとインストールが始まります。
PC いま使用しているiTunesがすでに最新バージョンであったときは、このような表示となります。 このときはアップデートをする必要はありません。
PC 新しいiTunesがダウンロードできるときは、画面の下にこのような表示が出ています。

これをクリックすると、図のようなウインドウが表示されます。 ここで更新内容を確認の上、右下の「○項目をインストール」ボタンをクリックします。
この時、iTunes以外のソフトのバージョンアップ、インストールも同時に行われる場合があります。 不要なソフトのチェックは外して、iTunesだけをインストールするのも良いと思います。
バージョンアップを中止したいときは、ここで「終了」をクリックします。
PC つづいてそのまま新しいiTunesのインストールが始まります。
PC なお、インストール中、画面下にこのような表示が点滅することがあります。
(WindowsVista)
(Windows7)
この場合は、この警告の点滅をクリックします。 すると続いて図下のようなダイアログが表示されるので「はい/続行」をクリックします。
PC 多くの場合、iTunesのインストールの後にはパソコンの再起動が必要となります。 もしワープロソフトや表計算ソフトなど、iTunes以外のソフトを使っていたときは、 作成中のデータファイルをディスクに保存し、終了させましょう。
つづいて、ダイアログボックスの「はい」をクリックするとパソコンが再起動します。
PC このとき、同時にこのようなダイアログボックスが表示されることがあります。 気にせず「OK」をクリックしておきましょう。
PC iTunes起動
パソコンが再起動したら、デスクトップの (iTunesアイコン)をダブルクリックして、iTunesを起動します。
iTunesのバージョンによっては、図のように、初回起動時にライブラリの更新が行われることがあります。 この時は、何もせずにしばらく待ちます。
あとはいつものようにiTunesが起動します。
PC メニューの[ヘルプ]-[バージョン情報]を選択すると、現在のiTunesのバージョンが確認できます。
このページの先頭へ

もっとiPhoneのことを知りたい

下記の各ページでは、より詳しいiPod/iPad/iPhoneの情報を紹介しています。 ご参照下さい。
このページの先頭へ

[Book] iTunes徹底活用ガイド2014

三才ブックス (2013/12/17) 1,050円

ソフトバンク、auに続き、NTTドコモからもiPhoneが発売され、ユーザー層がさらに広がったiOSデバイス。そのため、初めてiTunesに触れたという人も多いことでしょう。 そんなiTunesの基本的な使い方から、「こんなこともできるのか! 」というテクニックまでを、初心者向けに徹底紹介・解説します。 IPhone5s/5c、iPad Air、iPad mini Retinaモデルをはじめ、これまでに発売されたiPhone/iPad/iPodにももちろん対応。 iTunesのすべてをマスターできる一冊です。

Amazon.co.jpで買う

このページの先頭へ