このページの先頭へ

パソコンからiCloudを利用する

アップル社がiPod/iPad/iPhoneユーザーに向けて無料で提供しているクラウドサービス:iCloudは、パソコンからも利用することができます。 webブラウザからiCloudのページにログインすると、“icloud.com”iCloud Eメール、メモ、連絡先(アドレス帳)、カレンダー、リマインダー、Find My iPhone:「iPhoneを探す」機能、そしてiWorks:Pages(ワープロ)、Numbers(表計算)、Keynote(プレゼン作成)のファイル共有ができます。
さらにパソコンに「iCloud コントロールパネル」をインストールすると、webブラウザのブックマーク(お気に入り)の共有、Photo Stream(フォトストリーム)への写真のアップロード/ダウンロード、メール・アドレス帳・カレンダーのMicrosoft Outlookとの同期ができます。 (対応しているOSはWindows Vista SP2およびWindows 7のみ。メール・アドレス帳・カレンダーの同期には、Microsoft Outlook 2007 以降が必要です)
なお、iCloud全般については下記で詳細に説明しています。

ブラウザからiCloudを利用する

PC iCloudへのログイン
パソコンのインターネットブラウザで iCloudのログイン画面 を開き、AppleIDとパスワードを入力します。
なお、パソコン用iCloudには正式版のほかにベータ版も存在します。 一部新機能はベータ版iCloudのみで提供される場合があります。
PC 初めてのログイン時には、言語とタイムゾーン(居住地域)の選択画面が現れます。 使用言語は「日本語」、タイムゾーンは「日本標準時」を選びます。 設定できたら「iCloudを使って開始」をクリックします。
なお、これは後から 設定(設定)画面で変更可能です。
PC するとメニュー画面になります。 アイコンをクリックすると、各機能を利用できます。
PC “icloud.com”メール
E-mail(メール)を選ぶとこのようになります。 “icloud.com”メールの受信ボックスが見えています。 iPod/iPad/iPhoneの「メール」アプリの情報と同期します。 なお、iCloudでメールをオンにしていないと、この画面は使えません。 “icloud.com”メールの初期設定方法については“icloud.com”iCloud Eメールのコーナーをご覧下さい。
  • をタップすると、メールを「転送」「返信」することができます。
  • をタップすると、そのメールにフラグ(目印)をつけることができます。
  • をタップすると、メールを「ゴミ箱」フォルダに移します。
  • をタップすると、メールを「アーカイブ」フォルダに移します。
  • をタップすると、メールを任意のフォルダに分類(移動)できます。
  • (編集)をタップすると、新規メール作成画面になります。
なお、iCloudメールのアドレスは、最大3個までのエイリアス(別名)を持つことができます。 詳しくは下記をご覧下さい。
PC アプリの切り替え
いずれのアプリも、左上の「iCloud」の文字をタップすると、このようなメニューが現れ、アプリの切り替えができます。
PC メモ
Notes(メモ)を選ぶとこのようになります。 iPod/iPad/iPhoneの「メモ」アプリの情報と同期します。 iPadのメモそのものの使い勝手を実現しています。メモの新規作成、編集、削除をすることができます。
PC 連絡先(電話帳/アドレス帳)
Contacts(連絡先)を選ぶとこのようになります。 iPadの連絡先そのものの使い勝手を実現しています。
PC 連絡先のインポート/グループ分け
左下の設定アイコンをクリックすると、このように各種設定・操作を行うことができます。 フィーチャーフォンのSDカードに格納された電話帳など、vCard (.vcf ファイル)形式のアドレス帳を読み込んだり、逆に書き出したりできます。
PC また「+」アイコンをクリックすると、このように「新規連絡先」または「新規グループ」を作ることができます。
PC カレンダー
Calendar(カレンダー)を選ぶとこのようになります。 iPod/iPad/iPhoneの「カレンダー」アプリの情報と同期します。 こちらもiPadのカレンダーそのものの使い勝手を実現しています。 イベントの追加、削除、変更が可能です。
PC 右上のアイコンをクリックすると、このように各種設定・操作を行うことができます。
PC リマインダー
Reminders(リマインダー)を選ぶとこのようになります。 ここはiPod/iPad/iPhoneの「リマインダー」アプリの情報と同期します。 リマインダーの追加、削除、変更が可能です。
PC Find My iPhone:iPod/iPad/iPhoneを探す
(Find My iPhone)を選ぶとこのようになります。 この機能の詳細については下記のページをご覧下さい。
PC iWorks
(iWorks)を選ぶとこのようになります。 アップル純正のオフィス系アプリ:iWorksが、そのままWeb上でも使用できます。
iWorksについては下記のページをご覧下さい。
PC 写真:iCloudフォトライブラリ
iPod/iPad/iPhoneで「iCloudフォトライブラリ」を有効にしていると (写真)アイコンが選べます。 これをクリックすると図のようにパソコンからもiCloudフォトライブラリにアクセスできます。 写真やビデオをクリックすると拡大表示できます。 それをパソコンにダウンロードしたり、iCloudフォトライブラリから削除することができます。
PC iCloud Drive
iPod/iPad/iPhoneで「iCloud Drive」を有効にしていると (iCloud Drive)アイコンが選べます。 これをクリックすると図のようにパソコンからもiCloud Driveにアクセスできます。 任意のドキュメントをクリックすると表示/ダウンロードできます。 また、この画面にパソコンのドキュメントをドラッグ&ドロップすると、iCloud Driveアップロードされます。
PC 自分のアカウントの確認
画面右上の自分の名前をクリックするとこのようなメニューが表示されます。 「アカウント設定」をクリックすると、自分の情報を見ることができます。 または、設定(設定)アイコンをクリックしても自分の情報を見ることができます。
PC これが設定画面です。 Apple IDの情報、使用言語、タイムゾーンが確認・変更できます。
自分の写真をクリックすると、これを削除、変更することができます。
「マイデバイス」欄には、あなたのApple ID(iCloud ID)に紐づけられているすべてのデバイスが表示されています。 各デバイスをクリックすると、デバイスのシリアルナンバーとIMEIを確認することができます。
「ファミリー共有」を有効にしていると、あなたの家族の情報もここから確認できます。
PC iCloudを利用すればいつでもどこでもブラウザから情報が引き出せて便利ですが、 自分個人のパソコン以外からアクセスしたときは、必ず最後に「サインアウト」しておきましょう。
このページの先頭へ
家電&カメラ

ユーザー間でiCloudカレンダーを共有

家族や仕事仲間など、複数ユーザーで特定のiCloudカレンダーを共有することができます。 この設定は、パソコンからiCloudにログインして行います。
PC 共有用iCloudカレンダーの作成
もし、既存のカレンダーとは別に、共有用のカレンダーを準備したいときは、先にそれを作っておきます。 パソコンのwebブラウザからiCloudにログインし、カレンダーの設定メニューから「新規カレンダー」を選びます。
PC するとこのように新しいカレンダーができるので、好きな名前をつけましょう。
PC 共有の設定
つづいてこのカレンダーの共有を設定します。 共有したいカレンダーの右にある iCloud マークをクリックすると、このような画面になります。
プライベートカレンダー
特定の(複数の)iCloudユーザー間だけで、カレンダーを共有することができます。
パブリックカレンダー
WebCalプロトコルのカレンダーが一般公開されます。
WebCalプロトコルに対応したアプリやブラウザから、生成された“webcal://”URLにアクセスすると、誰でもこのカレンダーを参照・更新できるようになります。 ここではプライベートカレンダーを選択してみます。
PC 「共有者を追加」欄に、追加したいユーザーのメールアドレスを入力します。 ここで指定するメールアドレスは、相手のiCloudメールアカウント(「@icloud.com」「@me.com」)である必要があります。 追加した「共有者」名をクリックすると、このカレンダーの「表示と編集」を許可するのか「表示のみ」を許可するのかが選べます。 すべての共有者を指定したら、右下の「OK」ボタンをクリックします。 公開者側の設定はこれで終わりです。 あとはパソコンまたはiPod/iPad/iPhoneでこのカレンダーを更新していけば、共有者でもそれを参照・編集できます。
iPhone 共有するユーザー側の設定
上で「共有者を追加」に指定したユーザーの元には、このようなメールが届きます。
iPhone また、しばらくすると、このようなメッセージが表示されます。 「表示」をタップします。
iPhone するとこのように (カレンダー)の「出席依頼」の画面が開きます。 「カレンダーに参加」をタップすると、共有カレンダーを見られるようになります。
iPhone (カレンダー)を開き、 calendar icon をタップすると、このようにiCloudアカウントに追加された共有カレンダーが見えています。 をタップすると、カレンダー上での表示色、表示名を変更することができます。
iPhone 共有カレンダーへのイベントの書き込み
共有カレンダーへイベントの書き込むには、 (カレンダー)でイベント登録時に、「カレンダー」欄で共有カレンダーを選択するだけでOKです。 すぐさま共有しているすべてのユーザーのカレンダーに、このイベントが書き込まれます。
iPhone 共有の解除
共有の解除は、共有用iCloudカレンダーを作成したユーザーから行います。 (カレンダー)- calendar icon をタップし、iCloudアカウントに追加された共有カレンダーで をタップすると、このような画面になります。 「共有相手:」欄で、メンバの追加/削除ができます。
iPhone 既存のカレンダーの共有
すでにiCloud上に作成済みのカレンダーであれば、パソコンからだけではなく、iPod/iPad/iPhoneからも「共有者を追加」することが出来ます。 calendar icon をタップし、任意のカレンダーで をタップします。 ここで「個人を追加」を選びます。
iPhone するとこのような画面になります。 共有したい相手のメールアドレスを入力して、右上の「追加」をタップすればOKです。 ここで指定するメールアドレスは、相手のiCloudメールアカウント(「@icloud.com」「@me.com」)である必要があります。
このページの先頭へ

複数のiCloudメールアドレス(エイリアス)を作る/自動返信を設定する

PC iCloudメールでは、最大3個までのエイリアス(別名)を持つことができます。 これら3つのメールアドレスはすべて1つの実体に結びつけられています。 すべて同じメールボックスに受信されます。
オンラインショッピングなどでメールアドレスを入力する必要がある場合は、一時的なエイリアスを作って利用し、あとから削除してしまえば、迷惑メールの着信を避けることができます。
エイリアスを設定するには、 パソコンのwebブラウザからiCloudにログインし、 E-mail(メール)画面の左下にある設定アイコンから「環境設定」を選びます。
PC そして表示されるダイアログで[アカウント]-[エイリアスを追加]を選びます。
PC なお、[環境設定]-[休暇]画面では、メールの自動返信を設定できます。 「休暇メッセージを追加」と書かれているところに自動返信のメッセージを入力し、「メッセージ受信時に自動的に返信」にチェックを入れるだけでOKです。 受信したメールすべてに即時自動返信が行われます。
このページの先頭へ

パソコンでiCloudメールを送受信する

パソコンのメールソフトにiCloudメールのアカウントを設定すれば、いつも使っているメールソフトからiCloudメールの送受信ができます。 設定値は次の通りです。
iCloudメールアカウントの設定
受信メールサーバー
ホスト名imap.mail.me.com
ユーザー名[Apple ID]@icloud.com (iCloud アカウントの @icloud.com のアドレス)
パスワード(iCloud/Apple IDのパスワード)
ポート番号993
暗号化SSL(エラーが発生する場合は、代わりに TLSを使用)
送信メールサーバー
ホスト名smtp.mail.me.com
ユーザー名[Apple ID]@icloud.com (iCloud アカウントの @icloud.com のアドレス)
パスワード(iCloud/Apple IDのパスワード)
ポート番号587
暗号化SSL(エラーが発生する場合は、代わりに TLSを使用)
詳しい設定方法は、お使いのパソコンのメールソフトのサポートサイトなどで確認してください。
このページの先頭へ

iCloud コントロールパネルを利用する

PC iCloud コントロールパネルのダウンロード
アップルのiCloud コントロールパネルのダウンロードページを開いて、「ダウンロード」をクリックします。
PC iCloud コントロールパネルのインストール
ダウンロードした“iCloudSetup.exe”ファイルをクリックするとインストールが始まります。 「次へ」をクリックします。
PC なお、この先の手順で、画面下のタスクバーに、下図のような警告が点滅することがあります。
(WindowsVista)
(Windows7)
この場合は、この警告の点滅をクリックします。 すると続いて図のようなダイアログが表示されるので「はい/続行」をクリックします。
PC つづいてソフトウェアの使用許諾契約の画面になります。「同意します」を選んだ上で「インストール」をクリックします。
PC するとインストールが始まります。しばらく待ちます。
PC インストールはほんの数分で終わります。このような画面になったら完了です。 「終了」をクリックします。
PC 最初のインストール時は、パソコンの再起動が必要になります。 このときはすべてのソフトを終了させた上で「はい」を選び、パソコンを再起動させます。
PC iCloud コントロールパネルの起動
インストール/再起動が終わると自動的iCloud コントロールパネルが起動します。 このような画面になるので、iPod/iPad/iPhoneのiCloudに入力したものと同じApple IDとそのパスワードを入力します。
このサインイン画面が表示されなかったときはWindowsのスタートボタンから[iCloud]を選びます。
PC iCloud コントロールパネルの設定
するとこのような画面になります。どの機能を使うか決定しましょう。使わない機能のチェックは外します。
iCloud Drive
あなたのパソコンの「iCloud Drive」フォルダとiCloud Driveのファイルが同期されます。
写真
あなたのパソコンの任意のフォルダとiCloudとの間で写真が同期されます。
メール、連絡先、カレンダーおよびタスク
あなたのパソコンのMicrosoft Outlook(2007以降)とiCloudとの間で、情報が同期されます。
ブックマーク
あなたのパソコンのブラウザとiCloudとの間でブックマーク(お気に入り)が同期されます。
ひととおり設定したら、画面右下にある「適用」をクリックすると、その設定が有効になります。
PC 「iCloud Drive」と「写真」にチェックを入れて「適用」すると、エクスプローラーから[iCloud Drive]、[iCloudフォト]というフォルダが見えるようになります。 ここを通してiCloudとデータをやり取りできます。
なお、現在パソコンの「iCloud Drive」フォルダの位置は、“C:\Users\[ユーザ名]\iCloudDrive”に固定されています。 一方「写真」フォルダの位置は、iCloud コントロールパネルで自由に設定可能です。
PC 「写真」の同期
「写真」にチェックを入れ、「オプション」をクリックすると、このような画面になります。 パソコンの任意のフォルダを同期先に指定できます。 初期値はC:ドライブのユーザーフォルダの下となっています。 パソコンのディスク容量を考慮して、任意のフォルダを作成・指定してください。
「自分のフォトストリーム」をチェックすると、[iCloudフォト]-[自分のフォトストリーム]フォルダに、iPod/iPad/iPhoneで撮影した写真が自動的にダウンロードされてきます。 「iCloud 写真共有」をチェックすると、指定したフォルダに写真をコピーすると、その写真が「フォトストリーム」をONにしたiPod/iPad/iPhoneに自動的に転送されます。
PC 「ブックマーク」の同期
「ブックマーク」にチェックを入れ、「オプション」をクリックすると、このような画面になります。 同期先のブラウザを Internet ExplorerMozilla FirefoxGoogle Chrome から選べます。
いつもパソコンで使っているブックマークが、iPod/iPad/iPhoneでも使えるようになります。
PC iCloud コントロールパネルの再起動
iCloud コントロールパネルはタスクトレイに常駐しています。 iCloudアイコンをクリックするとメニューが表示されるので、「iCloud を開く」をクリックするといつでも開くことができます。
このページの先頭へ

もっとiPhoneのことを知りたい

下記の各ページでは、より詳しいiPod/iPad/iPhoneの情報を紹介しています。 ご参照下さい。
このページの先頭へ

[Book] おとなの入門書 簡単! iTunes

インターナショナル・ラグジュアリー・メディア (2014/7/22) 1,058円

iPhoneやiPad、iPodなどへの音楽の転送用に使っていても、 iTunesの多彩な機能を使いこなしている、という人は少ないのでは? この本は、パソコン用ソフト「iTunes」のほぼすべてのサービスの 全容を理解し、使い方を基本からちょっとした応用まで学べる、ベストな入門書です。

Amazon.co.jpで買う

このページの先頭へ