本文へスキップ

渋谷駅すぐの児童精神科・精神科クリニック

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-5489-5100

〒150-0043 渋谷区道玄坂1-10-19糸井ビル4階

治療方針policy&FAQ

当クリニックで得意とする相談

1.発達障害、とくに子どもと大人の軽度発達障害

2.強迫性障害等への認知行動療法

3.学校や職場での不適応

4.多すぎる薬や複数科の薬の飲み合わせで生じた心身の不調

5.子育ての中で生じる親子の様々な問題

                  

治療の方針

薬に頼らない精神科医療を目指します

 精神科の病気の中には統合失調症や躁うつ病のように、その治療や再発防止のために薬の継続が必要なものもあります。一方で、薬がよい影響だけでなく、ときには回復を邪魔してしまうような場合も少なくありません。例えば、不安を取り去る薬は、苦痛をもたらす不安のみではなく、正常な不安や心配も取り去ってしまうので、回復に向かうために必要な健康な焦りまでも弱めてしまうことがあります。このようなことから、私たちのクリニックでは、正確な診断と適切な相談を最も大切にして、必要最低限の薬を用いて診療を進めていきます。

子どもから高齢者までの相談に応じます

 これまでのキャリアの中で乳幼児から100歳を超えた超高齢者までの幅広い年齢層の方々を診療してまいりました。この経験を生かして、人生早期の問題から、人生の締めくくりの心身の問題まで幅広く相談対象といたします。

精神症状をきたす身体の病気を見逃さないようにします

 多くの身体の病気は精神症状をもたらします。たとえば、睡眠時無呼吸症候群や慢性心不全がうつ病と誤られて治療されていることはまれではありません。これではなかなか改善が得られないだけでなく、命にかかわることさえ起きかねません。私たちはこのような病気を見逃さないように最善を尽くします。

薬を減らす相談を歓迎します

 残念ながら現在でも減量ができるのにたくさんの薬を継続している方が多くいらっしゃいます。精神科に限らず、複数の科から処方された薬がそれらの飲み合わせのために副作用に苦しんでいらっしゃる方も少なくありません。たとえば、うつ病の薬や認知症の薬のために興奮状態をきたしたり、睡眠薬や排尿障害の薬のために認知症の症状を呈したりしている方をよくみます。私たちはこのような疑いのある方の相談に積極的に対応します。


Dougenzaka Fujita Clinic道玄坂ふじたクリニック

〒150-0043
渋谷区道玄坂1-10-19糸井ビル4階
TEL 03-5489-5100
FAX 03-6455-0864