軽度発達障がい児指導講演会のお知らせ



国語・算数の理解力を高めるダイナミック遊び


~ダイナミック遊びによる学習の土台作り~



 軽度発達障がい児を狭い範囲で捉えるなら、読み・書き・計算などの学習面における特別な習得困難を示す状態といえます。さらに「学力」をもう少し広げて、聞く・話すといったコミュニケーション能力を含む場合もあります。
 軽度発達障がい児やその周辺の子ども達を広く指導の対象として捉えていく時には、その学びにくさやつまずきの範囲をもっと行動全体から見ていく必要があります。特にこだわり・転導性・多動傾向などの行動面の問題がそれに当たると考えられます。
 これらの問題点の前者を「学習レディネス(準備)」。後者を「学習面を支える土台の弱さ」と言えます。要するに軽度発達障がい児への個別的なプログラムを考えるならば、どのようなつまずきや問題点が表面化しているのかを広い視野で整理してみる必要があります。今回の講演会は「学習面を支える土台の弱さ」についての話になります。


講師:津田誠一
    NPO法人 遊育・遊びを育てる会 理事長
日時:2020年2月20日(木) 10:00~12:00
場所:吉備公民館 岡山市北区庭瀬416
                  TEL086-293-2170


〈お問い合わせ〉
主催:NPO法人 遊育・遊びを育てる会
岡山市北区津島南 1-1-4  TEL086-256-0630

参加費:無料
主催:NPO法人 遊育・遊びを育てる会
後援:岡山市教育委員。岡山市社会福祉協議会 申請中
当日はなるべく公共交通機関をご利用ください。












ページトップへ