目次 ソフトウェア一覧 サポート情報
QX2(NewQX) エディタ for Windows XP,7以降 α0.70 + 拡張DLL

■2015/11/04 new
newqxa070.zip 3055キロバイト
NewQX 拡張DLL (Tフォント、今昔文字鏡) はこちら

■α版 0.61 -> 0.7への変更点

・Grep
        ファイルリストからの検索に対応
        ファイル名に  @ファイル名  とすると、ファイル名 に記述されたファイルから検索できるようにした。
        同一視検索(同一視定義ファイル(qxdata\ini\qxSame1.txt, qxdata\ini\qxSame1U.txt))
        マッチ位置に文字列を出力できるようにした。(IDDE_Grep_insertStr, IDDT_Grep_insertStr)

・文字列検索
        同一視検索
        IVS(Ideographic Variation Sequence)の検索を改善

・以下新規実装
        ・コマンドの実行1〜10(ExecCommand1〜10), コマンドの設定(ExecCommandSet)

        ・ExecFileManager
                カレント文書のフォルダを開き、そのファイルを選択

        ・書式設定一覧(ModeSetFormatList)
                書式設定の一覧表示は単独の機能としても表示できるようにした。

        ・MenuStatusBar

        ・ModeSwitchToolbar
                上または下にツールバーが一つだけ表示されているときのみ有効

        ・キー定義の設定(KeySet)

        ・BlockPasteS, BlockClipboardPasteS


・旧QXの設定のコンバート
 コンバート困難な設定やNewQXでは不要となったものはコンバートしません。
 色設定についてはこの機能を使わなくても、旧QXでエクスポートした色ファイルをそのままインポートできます。

コンバート手順
1 旧QXを起動し、共通設定 設定保存情報 レジストリ番号 を 0 
にして、旧QXを終了すると、設定情報が qxw$$$.ini および qxwm$$$.ini に出力されます。
 すでに、qxw$$$.ini qxwm$$$.ini を出力してある場合はこの操作は不要です。
2 NewQXを起動し、マクロメニュー - マクロ一覧 から qxConvertProfile.vbs を選んで main実行 を押す
3 qxw$$$.ini および qxwm$$$.ini が出力されたフォルダを選択(旧QXのインストールされているフォルダ)
4 コンバートしたい項目をチェックし、コンバート実行ボタンを押す
 2で起動したNewQXの設定にqxw$$$.ini の設定を上書きしたものが qxdata\ini\qxProf-900.ini に保存されます。
 (qxProf-900.ini がすでにあった場合はqxProf-901.ini のように増えていきます)
 書式設定と、共通設定の色セット は qxdata\ini\oldqxformat に出力されるので、必要に応じてインポートしてください。
5 NewQX を -900 というオプションをつけて起動
例:ショートカットのリンク先を
<フォルダ名>\newqx.exe -900
というように -900 を追加
6 必要に応じて、書式設定一覧 - インポート でqxdata\ini\oldqxformat にある書式設定をインポート
        書式設定/共通設定 - 色 - インポート でqxdata\ini\oldqxformat にある色設定をインポート
7 しばらく使用してみて問題が無ければ、qxProf.ini を qxProf.ini-bak など適当なファイル名にリネーム
        qxProf-900.ini を qxProf.ini にリネームしてデフォルトのプロファイルにしてください。

・2ストロークキーのガイダンスは実行できない機能は x を表示するようにした。

・開くダイアログ のフィルタに書式設定のワイルドカードを追加。(IDDT_OpenDialogAddFormatExt)

・書式設定・共通設定 色 インポート において、旧QXでエクスポートした色ファイル(qxcol.ini)を使用出来るようにした。

・書式設定・共通設定 色 で作成したカスタムカラーを保存するようにした。

・ルーラの文字単位を設定できるようにした(IDDP_RulerCharUnit)

・書式設定 テキスト/キーワード コメント一行を2つにした(IDDE_Comment1Line2)

・書式設定 テキスト/キーワード キーワードファイル 
 書式設定 補完リスト 補完ファイル名
 書式設定 ヘルプ ユーザヘルプファイル名
において、キーワードフォルダにあるファイルをオートコンプリートできるようにした。

・書式設定、書式設定-色、共通設定-色  インポート したとき、salvageフォルダに旧設定を保存するようにした。

・最近編集した文書一覧のカラムを右クリックしたときのメニューでそのフォルダ内にあるファイル数を表示するようにした。

・書式設定 30に増やした。

・書式設定保存時・インポート時など、その旨表示するようにした。

・書式インポート時、コメント・ワイルドカードは上書きされない(変更しない)ようにした。
 ただし、空の部分にインポートした場合は上書きされます。

・書式エクスポート時、出力ファイル名は コメント・ワイルドカード をつけるようにした。

・メニュー選択時にステータスバーに表示される情報を詳しくした。
        例:上書き保存 なら ファイル名
        再検索 なら 検索する文字列

・マクロ一覧に エクスプローラ ボタンを追加。

・マクロの実行履歴を記録するようにした。
        マクロメニュー - 最近実行したマクロ
        IDDP_MacroMenuMaxAppend, IDDP_MacroMenuMaxLen

・IME自動on/off
        行末でoffになるのを改善

・DirectTagJump
        コンテキスト対応で見つからなければ通常の検索で探すようにした。
        ジャンプ後、ステータスバーに移動元・先を表示するようにした。

・各種ツールバー(ファイルバー・最近編集した文書一覧などファイルのあるもの)の右クリックメニューの
 このフォルダで開く(explorer) は該当ファイルを選択するようにした。

・ツールバー設定 共通 色 保存済み
 最近編集した文書一覧 で、編集後保存したファイル名は別の色で表示できるようにした。

・アウトラインツールバー
        ちらつきを低減(IDDT_tbOutlineFlickerFree)
        変更した部分を別の色で表示(IDDT_tbOutlineModifiedColor)

・マークの設定・解除は ステータスバーに内容を表示するようにした。

・リストビューがダイアログのメイン機能の場合、検索ボタンで検索したらすぐにマッチ部分を表示するようにした。

・マクロ登録(MacroRegister)ダイアログに実行ボタンをつけた。

・ヘルプの色を設定できるようにした(共通設定-色 ヘルプ・ヘルプタイトル)

・共通設定-表示 子ダイアログ開閉時のアニメーション(IDDT_ChildDialogAnimation)

・プロファイルにコメントをつけられるようにした
        共通設定-システム コメント

・箱型ペースト後は、一時的にフリーカーソル状態になるようにした。


・マクロ
Application.hwnd
FrameWindow.hwnd
Window.hwnd
Pane.hwnd
ToolbarDialog.tbCommonColor
ToolbarDialog.tbFilebarColor
popupmenu
ToolbarDownPos
SystemInfo

・旧マクロ 一部実装

・@@ToolbarButton, @@ToolbarIcon 右クリックメニューの「定義ファイルを編集」で、マクロの該当行に飛ぶようにした。

・Windows10 で 開くダイアログ などが小さくならなくなるのに対処(11月中にWindowsUpdateで修正されるらしいですが、それまでのつなぎ)
 Windows10 で 開くダイアログ を大きくすると二度と小さくならなくなった場合、qxWin10OpenDlg.vbs を実行してください。
 実行するごとに、対処する/対処しない が切り替わります。
 (マクロ一覧から qxWin10OpenDlg.vbs を選んで main実行 を選ぶ)

・その他不具合修正多数


■2014/01/26
newqxa061.zip 2717キロバイト

■α版 0.6 -> 0.61への変更点
・マクロで使用出来る識別子などの一覧
        MacroHelpList
        プルダウンメニュー - マクロ - マクロで使用出来る識別子などの一覧
        ダイアログの項目上で右クリックしてヘルプを選ぶとnewqx.chmが表示されます。

・Grep中に検索ファイル一覧を表示するようにした

・クリップボードへコピー時など(編集画面またはダイアログのリストビューでのコピー)、
ツールチップにコピー内容を表示できるようにした。
        IDDT_ShowTooltipClipboardCopy   共通設定 - 選択 - クリップボードにコピーしたときツールチップに内容を表示

・文字列コメント内のタブを別の色で表示できるようにした
        IDDT_ColorPriority_TAB  共通設定 - その他 - 文字列・コメント内のタブ色有効

・htmlにおいて、文字列強調はタグ内のみとした。

・不具合修正
スクロールバーマップが正しく更新されないことがあるのを修正
A->\nA への置換が正しく行われないのを修正


■2013/08/25

NewQX α版 0.53 -> 0.6への変更点
・ツールバー(アウトライン・最近編集した文書一覧)の強調表示の方式を変更
	IDDT_tbHistoryHighlightWin	ツールバー設定 - 強調項目はWindows標準方式

・共通設定 - システム - スリープ前にプロファイルを保存
 プロファイル保存 ボタンですぐに保存できるようにした
	IDDT_SaveProfileBeforeSleep	スリープ前にプロファイルを保存

・ウィンドウ分割スプリットバーの右クリックにヘルプを追加

・マクロ一覧のproc一覧で、AutoStart, AutoEndは除外するようにした

・BlockBoxInput で使用出来る書式に、%3:英大文字 %4:英子文字 を追加

・閉じたときにマーク・アウトライン状態を保存するようにした
	IDDP_SaveMarkLineKClose		閉じるときのマーク・アウトライン状態保存時に走査する行数(1000倍)

・起動時に自動的に開いた無題ファイルは、他のファイルを開いたときに閉じるようにした。
	IDDT_CloseUntitledFile		ファイルを開いたら、起動時に開いた(無題)ファイルを閉じる

・スクロールバーマップ機能
 共通設定 - 移動 - スクロールバーマップ
 縦スクロールバーの左に(縦書き時は横スクロールバーの上)、マーク・修正状態・アウトライン をマップ表示できます。

	IDDT_ShowScrollBarMap		スクロールバーマップを表示
	IDDP_ScrollBarMapWidth		スクロールバーマップの幅
	IDDT_SCROLLBARMAP_MARK		スクロールバーマップに マーク を表示
	IDDT_SCROLLBARMAP_MODIFY	スクロールバーマップに 変更行マーク を表示
	IDDT_SCROLLBARMAP_MODIFYSAVED	スクロールバーマップに 変更行(保存済み)マーク を表示
	IDDT_SCROLLBARMAP_OUTLINE	スクロールバーマップに アウトライン を表示
	IDDP_ScrollBarMapMaxLine10K	スクロールバーマップに表示できる最大行数(10000倍)


・マクロ
Application.JumpMacro		他のマクロにジャンプ
Document.GetOutlineText		アウトライン情報を取得
IDDT_CheckFileUpdateIgnoreMSec	編集中のファイルが更新されていないかチェックするが、秒未満の違いは無視

・不具合修正
 改行の置換で改行が増えることがあるのを修正
 ヘルプでCtrl C を入力したときのクリップボードにコピーする文字列の改行が不揃いなのを修正
 選択されていないときに、\# \n がある書式文字列を入力すると正しく入力されないのを修正
 2ストロークキーのツールチップヘルプに同じキーが2重に表示されることがあるのを修正


■2013/06/30
NewQXマクロのヘルプ
chm形式のヘルプとそれをテキスト化したものが入っています。

■2013/04/22
NewQX 拡張DLL (Tフォント、今昔文字鏡) はこちら


NewQX α版 0.52 -> 0.53への変更点
・HelpUser1〜3, HelpUserAll1〜3 ユーザヘルプを実装
 カーソル上の単語(または選択文字列)をキーワードにして設定したファイルを検索し、該当部分をプレビュー表示します。
書式は
[キーワード]
キーワードの説明
のような、iniファイルと同じ形式です。

・不具合修正
 名前をつけて保存:リスト内からファイルをクリック後、手入力するとクリックしたファイル名で重複チェックが行われたのを修正
 書式付き入力:選択せずに[\#]を入力したときカーソルが[]の中に移動しないのを修正

■2013/04/15


NewQX α版 0.51 -> 0.52への変更点
・マクロメニューに定義してあるcascadeしたメニューが表示されないのを修正
・*.qma が正しくメニューに登録されないのを修正
・@FileCloseしたときにタイトルバーが正しく表示されないのを修正
・旧マクロの互換性向上(@Redraw)

■2013/04/08

NewQX α版 0.5 -> 0.51への変更点
・@@NewMacroExec を新規追加。旧マクロからNewQXのマクロを実行します。

・@@FindAddReplaceString, @@FindAddString を実装

・不具合修正
キー操作でFileCloseを実行したときにアプリケーションエラーが発生することがあるのを修正

■2013/04/01

起動する前にreadme.txtを参照してください。

NewQX α版 0.41 -> 0.5への変更点
・旧QX(v6.91)のマクロ(*.mac)の多くを実装。
 macを実行するためにはqxwmac32.dllが必要です。newqx.exeのあるフォルダに旧QXに付属しているqxwmac32.dllをコピーしてください。

・補完、キーワードファイルにおいて *oldmacro* を指定すると旧マクロのキーワードを使用出来ます。

・2ストロークキーの1文字目を入力後、ツールチップでヘルプを表示できるようにした。
 共通設定 - 2ストロークキーヘルプ表示までの時間(IDDP_Show2StrokeHelpDsec)

・ダイアログでのF1ヘルプで、関連する項目が基本機能の時、キー設定だけでなくメニューのどこに定義されているか表示するようにした。

・全置換終了後、置換個数をダイアログで表示するかしないか設定できるようにした(IDDT_ReplaceShowCount)

・Grepにおいて、特殊ファイル名を使用出来るようにした。
**1	各種定義ファイル(キー定義ファイルやメニュー定義ファイルなど)
**2	補完ファイル+キーワードファイル

・マクロ関連
Application.OldMacroExec	vbs から 旧QXのマクロ(mac)を実行
Application.GetTagInfo		タグ情報を取得
Application.PreviewFile		プレビューの表示
Document.GetLines		テキスト内容を取得
Selection.CurrentLine		カーソル行の取得設定
Selection.CurrentColumn		カーソル位置の取得設定
Pane.SearchStringExec		文字列の検索
Pane.ReplaceStringExec		文字列の置換
Application.DialogCancel	最後に表示されたダイアログをキャンセルしたかどうか
Application.ReplaceCount	置換回数
SearchDialog.InitializeVar	検索条件の初期化
SearchDialog.RestoreVar		検索条件をInitializeVar実行時のものに戻す
SearchDialog.IDDT_Search_ReplaceHighSpeed	画面表示なしでの高速置換状態
GrepDialog.InitializeVar	Grep条件の初期化
GrepDialog.RestoreVar		Grep条件をInitializeVar実行時のものに戻す
Application.clipboard		クリップボードの取得設定
IDDP_SearchRegExpKeywordMax	正規表現キーワード強調の最大文字数
shell.run			返値を取得できるようにした。
Application.GrepExec		Grep実行
Application.StopSearchBad	検索でヒットしないときにマクロ終了
Application.SearchFound		検索でヒットしたかどうか
Application.Print		ステータスバーに文字列表示
FrameWindow.Print		ステータスバーに文字列表示
qxVK???				キーコード定数を追加

・自動実行マクロ
qxAutoDoubleClicked*.vbs,AutoDoubleClicked	ダブルクリックしたときに自動実行される
qxAutoTripleClicked*.vbs,AutoTripleClicked	ダブルクリックしたときに自動実行される

・常駐型自動実行マクロ(qxResident.vbs)
AutoVkey		キー入力時
AutoKey			文字キー入力時
AutoZKey		IME入力での確定時

・MacroInitResident	常駐型自動実行マクロを読み込み直し

・マクロ一覧(MacroList)

・マクロを登録(MacroRegister)

・qxMsg.txt は qxlib.dll用と newqx.exe用を分離した。(qxMsg.txt + qxMsgLib.txt)

■2012/11/18

起動する前にreadme.txtを参照してください。


NewQX α版 0.4 -> 0.41への変更点
・IMEでのカナ入力時などカナキーがロック状態の時にCTRL英字キーが入力されないのを修正

■2012/11/13

NewQX α版 0.31 -> 0.4への変更点

・!qxCompPreDef.ini の書式変更
 クラス名.ID名<tab>ヘルプ文字列
とし、ヘルプ文字列を複数行にわたって記述できるようにした。

・ツールバーオプション設定 - 共通 - 指定文字列を含むファイルに色をつける
 履歴・ファイルリスト・ファイル選択で開く で、指定した文字列を含むファイルに色をつけて強調できるようにした。
 ファイルバーでは背景色で下線を表示します。

・書き込み禁止属性のついているファイルを開いたら編集禁止にするようにした。

・編集中の文書・履歴の右クリックメニューに このフォルダで開く(Explorer) を追加

・ファイル選択で開く(FileOpenSelect) において、サイズ・タイムスタンプを表示するようにした。

・開く(QXで使用しているファイル)(FileOpenQXFile) において、サイズ・タイムスタンプを表示するようにした。

・*.qma で追加した項目のステータスバーへのヘルプ表示時にShiftを押していると、qmaのファイル名を表示するようにした。
 qxMenu.ini に記述されていないのにプルダウンメニューに現れる項目がどのファイルで登録されているかがわかります。

・プルダウンメニューを表示しているとき、ステータスバーへのヘルプ表示時にShiftを押していると、qxMenu.iniの行番号を表示するようにした。
 qxMenu.iniの何行目で定義しているかがわかります。

・ツールバーのグリッド部分の右クリックメニューにヘルプを追加

・共通設定 - バックアップ - 書き込み禁止ファイルを保存するときは確認

・共通設定 - バックアップ - 編集のやり直しを実行したときにバックアップを行う

・文字列全置換後、置換個数をダイアログで表示するようにした。

・マクロ
dprint デバッグウィンドウに出力
dprintline デバッグウィンドウに出力後改行
自動実行マクロ AutoOpened 文書を開いたときに qxAutoOpened*.vbs,AutoOpened を実行するようにした。
自動実行マクロ AutoStart AutoEnd マクロ実行時に同じファイルのAutoStart、終了時にAutoEndを実行するようにした。
debug_exec "regtypelib" QX COMのタイプライブラリをレジストリに登録
debug_exec "unregtypelib" QX COMのタイプライブラリをレジストリから削除
レジストリに書き込むにはQXを管理者権限で起動する必要があります。
レジストリに登録すると、他のアプリケーションからQX COMのタイプライブラリを参照できるようになります。
pane, application に機能名をそのまま記述できるようにした。
activepane.moveDownChar など
FrameWindow.Open 指定したframewindowでファイルを開きます。
command(index) -3:マクロファイル名 -2:プロシージャ名 を返すようにした。
qx で始まる各種定数を使えるようにした。

・マクロでのエラー時、エラーテキストを表示するようにした。

・マクロの補完ファイル名に *CLASS を指定すると、補完および、カーソル上のツールチップがコンテキスト対応になります。
例 activepane.
の後ろで、補完すると、paneに関連する項目のみ表示されます。
activepane や windows など組み込みのキーワードの後ろでのみ有効です。

・書式設定 でテキスト種別をマクロにしたとき、コメント・文字列は任意に設定できるようにした。
 このため、以前はvbsの設定として自動的に コメント=' 文字列="" となっていましたが、新バージョンではクリアされますので、
手動で設定してください。


・MacroDisableAuto, MacroEnableAuto 実装

・ステータスバーの右クリックでメニューを表示できるようにした。

・ステータスライン・ルーラー・行番号・ペイン部分での右クリックにヘルプを追加。

・ダイレクトタグジャンプにおいて、qtagsがないときはカレント文書内の関数一覧を列挙してその中からジャンプするようにした。
また、qtagsがあっても、候補が1つもなければカレント文書内の関数一覧を列挙してその中からジャンプします。

・機能一覧(ListEdit) に 機能名挿入 を追加。

・IDDT_UseMacroCache マクロキャッシュを使用する
 キャッシュを使用すると前回実行したマクロと同じマクロファイルであれば解析せずにキャッシュを使用します。
 キャッシュを使用した場合、連続して何度も実行する場合若干高速になります。
 注意:キャッシュを使用した場合、グローバル変数は前回実行時の値となっています。
   そのためグローバル変数はマクロ実行時に必ず初期化してください。

・MacroExecSelect 選択範囲をマクロと見なして実行
 マクロテスト時にいちいちマクロファイルを編集するのは面倒なので、選択範囲(選択していなければカーソル行の1行)をマクロと見なして実行する機能です。
qxdata\macro\templateDirectMacro.vbs
の <> の部分に選択範囲が格納されて実行されます。

・#include "xx" でのタグジャンプはカレントフォルダでなく、カレント文書のフォルダからの相対フォルダを参照するようにした。

・変更行マークの検索(ModifySearchDown etc)は 連続していたらスキップするようにした。

・各種不具合修正



■2012/09/16 new

NewQX 拡張DLL (Tフォント、今昔文字鏡)

詳細はこちら
NewQXα0.31以降が必要です。



■2010/10/10
NewQX α版 0.3 -> 0.31への変更点

・ダイアログでのF1のヘルプウィンドウのフォントを設定できるようにした。
 共通設定 - フォント - ヘルプ

・クリップボードからのコピーでUNICODE優先
 IDDT_ClipboardUNICODEOnly

・各種不具合修正



■2010/09/06
NewQX α版 0.2 -> 0.3への変更点

・IVS(Ideographic Variation Sequence)対応による異体字の表示

・ステータスラインのコード
 UNICODEは5桁で表示。合成文字、IVSなど複数の文字から構成されているときは'+'を表示。

・書式に \g 元号年を追加

・IDDT_AddBOMNewFile
 新規UNICODEファイルのときBOMをつけるかどうか

・IDDT_IVSGlyph
 IVS(異体字)を独自処理で表示

・機能一覧
 <Popup> は 詳しいセクション名を表示するようにした


----------IVSについて----------
・IVS対応フォント
以下のフォントが使用出来ます。ダウンロードしてインストールしてください。
花園明朝http://fonts.jp/hanazono/
Y.OzFonthttp://yozvox.web.infoseek.co.jp/
IPAexゴシックhttp://ossipedia.ipa.go.jp/ipafont/index.html
小塚ゴシック Pr6N MAcrobat Readerに付属

・設定
 Windows 7では 書式設定 - 編集 - 「UNICODE RTL 合成文字処理」を しない以外 にする
 Windows 7より前のOSでは 上記の設定に加え 「IVS(異体字)を独自処理で表示」 をonにする
 フォント設定で、IVS対応フォントを選ぶ(CJK・サロゲート2をIVS対応フォントにする)

・MS-IME、ATOKなどで異体字を単語登録すれば、インラインでの変換が可能です。

・異体字の縦書き表示については、フォントが縦書きに対応していないようなので、あまりうまくは表示されません。

・サンプルファイル testdata\ivs.txt に花園明朝で使用出来る異体字一覧があります。

サンプル画面(花園明朝を使用しています)


起動する前にreadme.txtを参照してください。


■2010/06/11
α版 0.1 -> 0.2への主な変更点
追加
・各種ダイアログでF1を押すとダイアログ全体のヘルプウィンドウを出す。このヘルプウィンドウ内でCtrl C を押すと、ヘルプ内容をクリップボードに出力。

・IDDT_ListModifyIgnoreLF 変更行一覧で改行のみの行を無視する。
→ 共通設定 - その他 - 変更行一覧で改行のみの行を無視する

・IDDT_TagDirCurrentFile qtagsの検索順の設定。
→ 共通設定 - 開発 - カレントファイルのあるフォルダ→tagフォルダの順に検索

改善
・Grep結果において、行番号部分をダブルクリックするとタグジャンプするようにした。
・Grep フォルダ入力ボタンの追加、初期フォルダの表示。
・TagJumpDirectList スペース区切りでand検索するようにした。

起動する前にreadme.txtを参照してください。



■2010/04/01
いつまでたっても完成する気配がないので、未完成のα版ですが公開することにしました。
起動する前にreadme.txtを参照してください。