このページの先頭へ

AR.Droneの初期設定:セットアップの方法

ここではAR.Droneの初期設定:セットアップの方法を説明していきます。 なお、AR.Droneの概要についてはBebop Drone / AR.Droneの楽しみ方で説明しています。 併せてご覧ください。

AR.Droneアプリのインストール

まずはApp Storeから、AR.Drone制御用の無料オフィシャルアプリ:AR.Free Flightをダウンロードして、コントロールに使うiPod/iPad/iPhoneにインストールしましょう。
  • Podcast

    Parrot SA ゲーム 無料

    AR.Droneの製造元Parrot社の提供するオフィシャルアプリです。 iPhone/iPad/iPod touchでAR.Droneを操縦するための基本アプリケーション。 まずはこれを使って本体ファームウェアのバージョンアップと、基本的な操作の練習を行いましょう。 機体の操縦方法を習得し、上昇、下降、回転、旋回、前進などの基本的な動きで操縦してみましょう。 バージョン 2.0からは、本体の向いている方向にかかわらず好きな方向に飛行させられるアブソリュート(絶対)コントロールモードや、搭載カメラでの動画、静止画撮影機能も搭載されました。

このページの先頭へ

AR.Droneハードウェアの準備

それではAR.Droneを箱から出して準備しましょう。 詳しくは2012年発売 AR.Drone 2.0のセットアップをご覧ください。
このページの先頭へ

iPod/iPad/iPhoneとの接続

ハードウェアの準備ができたら、AR.DroneとiPod/iPad/iPhoneを無線LANで接続します。
iPhone iPod/iPad/iPhoneとAR.DroneはWi-Fi(無線LAN)のアドホックモードで接続します。 AR.Droneが無線LANのアクセスポイントになる感じです。 このため屋外で飛行させるときも、ルーターなどは必要ありません。
まずAR.Droneにバッテリを接続し、全てのモーターについているLEDがグリーンになるのを待ちます。
つづいて操縦中に電話やSMSを受信してコントロールを失わないように、 設定-[機内モード]メニューを タッチパネル:ON(オン)にします。
iPhone 次に設定-[Wi-Fi]-[Wi-Fi]メニューを タッチパネル:ON(オン)にします。 すると「ardrone2_xxxxxx」(AR.Drone 2.0の場合)/「ardrone_xxxxxx」(AR.Drone 1.0の場合)というアクセスポイント(AR.Drone本体)が見つかるので、これをタップします。 特にパスワードも必要なく接続されます。 無事iPod/iPad/iPhoneとAR.Droneが繋がったら、ホーム画面から をタップして、AR.Droneアプリを起動しましょう。
AR.Drone用アプリは、このほかにもいくつか公開されています。 AR.Drone用アプリのいろいろのページをご覧ください。
AR.Droneアプリを起動
起動するとメニュー画面になります。 ここから任意のメニューをタップして各機能を起動します。
初回起動時は、このような画面になります。 「OK」をタップします。
また、「位置情報」と「写真へのアクセス」の警告が出ます。 これを許可すると、プレイヤー間でフライト位置の情報交換を行ったり、AR.Droneで写真やビデオが撮影できます。
通常、初回起動時はAR.Droneのファームウェア(内蔵プログラム)を最新版にアップデートする必要があります。 ファームウェアの更新が必要なときは、メニュー下段の「AR.DRONEアップデート」というボタンの色が濃くなっています。 こんなときは、この「AR.DRONEアップデート」をタップします。 すると、AR.Drone2.0の場合は、この様な警告が出ます。もしAR.Drone2.0本体にカメラ録画用のUSBメモリを接続している場合は、それを取り外して下さい。
注意: ファームウェアの更新には10分くらいかかる場合があります。 必ずAR.DroneとiPod/iPad/iPhoneをフル充電してから起動しましょう。
ファームウェア更新
メインメニューから「AR.DRONEアップデート」を選ぶとこのようになり、iPod/iPad/iPhoneからAR.Droneに最新ファームウェアが転送されます。
つづいてこのように「AR.Droneを再起動してください」と表示されます。
AR.Drone1.0の場合は、ここでバッテリコネクタを取り外し->再接続し、AR.Droneを再起動します。
AR.Drone2.0の場合は自動的に再起動されます。なにもする必要はありません。すぐに次の画面に移ります。
するとこのような画面になり、本体のファームウェアの更新が始まります。 しばらく(10分ほど)放置すると、プロペラがブルッと震え、LEDが赤から緑に変わります。 これで更新完了です。
AR.Droneが再起動したら、iPod/iPad/iPhoneで設定-[Wi-Fi]-[Wi-Fi]メニュー開き、 再度「ardrone2_xxxxxx」(AR.Drone 2.0の場合)/「ardrone_xxxxxx」(AR.Drone 1.0の場合)につなぎ直します。 そしてホーム画面から をタップして、AR.Droneアプリを起動しましょう。
ここまでできたらいよいよ初飛行です。 AR.Droneの飛ばし方・操縦方法のページをご参照下さい。
このページの先頭へ
  • AR.Drone 2.0 Elite Edition

    Parrot 2013/12/8 37,800円

    迷彩をまとった無人機 Parrot AR.Drone 2.0 エリート エディションは、迷彩柄をまとったクアッドリコプター。 機能はAR.Drone 2.0を継承、迷彩の外観と本体に搭載されたカメラの映像を見ながらの操縦を可能にしたテクノロジーはまさに無人機。 HDカメラによる空撮や、友達とのエアレースなど、新しい冒険と飛行体験を発見してください。 操縦にはスマートフォンやタブレットを使い、Wi-Fi経由で直感的に操縦できます。 操縦専用アプリ、AR.FreeFlightはAppStoreやGoogle Playで無料ダウンロード可能。本体に搭載したHDカメラ (1280x720) で動画や写真の撮影と保存、共有ができます。 高度な電子制御により、驚く程の安定飛行飛行を実現。さらに前後左右の宙返りも簡単に操作可能。 オプションの3D GPSフライトレコーダー (別売) を搭載すればオートパイロットも可能。 操縦画面の地図上で指定した目的地まで正確に飛行し、動画を撮影して自動帰還します。 (Wi-Fi電波制限内) AR.Droneユーザーのコミュニティ、AR.Droneアカデミーではフライトデータを世界中のメンバーと共有できます。 プロペラはホワイトとブラックの組合せを用意。

    (iOS 5.0以上にバージョンアップしたiPad/iPad mini/iPhone/iPod touch用)

    Amazon.co.jpで買う 楽天で買う アップルストアで買う

    商品バラエティ

    Snow
    Snow
    Amazon.co.jpで買う
    Jungle
    Jungle
    Amazon.co.jpで買う
    Sand
    Sand
    Amazon.co.jpで買う

もっとiPhoneのことを知りたい

下記の各ページでは、より詳しいiPod/iPad/iPhoneの情報を紹介しています。 ご参照下さい。
このページの先頭へ

[Book] iTunes徹底活用ガイド2014

三才ブックス (2013/12/17) 1,050円

ソフトバンク、auに続き、NTTドコモからもiPhoneが発売され、ユーザー層がさらに広がったiOSデバイス。そのため、初めてiTunesに触れたという人も多いことでしょう。 そんなiTunesの基本的な使い方から、「こんなこともできるのか! 」というテクニックまでを、初心者向けに徹底紹介・解説します。 IPhone5s/5c、iPad Air、iPad mini Retinaモデルをはじめ、これまでに発売されたiPhone/iPad/iPodにももちろん対応。 iTunesのすべてをマスターできる一冊です。

Amazon.co.jpで買う

ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
クワイアットコンフォート20
クワイアットコンフォート20
このページの先頭へ